車買取|所有台数を抑えて

長い年月使用した車を手放すことになる日は必ず来ます。とても悲しい気分になり、次に乗る車が楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーのように使っていた軽自動車を手放す事になり、今回は入れ替えではなくて所有台数を抑えて経費節減をするというのが目的ともいえますので、クルマの買い取り専門店に見積もりをしてもらいました。

中古ではなく新車で購入し、49か月目ですから、だいたい4年ということです。4万キロの走行距離で、年1万キロペースなので、よく走っているとは思いますが、平均的な走行距離です。自動車買い取り査定は1社では不安なので2社にお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料はもちろん無料です。

自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいものです。ですが素人には自分が乗っている自動車の相場がまったく判らないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比べてみることにしました。

最初に来てもらった会社は、スタッフさんが車の状況を確認してからノート型のパソコンを使って、いろいろな項目に入力し送信していました。査定額の結果は71万弱。こちらの希望額は80万ですから、それを伝えると本社と交渉するのでチョット待ってほしいといわれました。次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、67万という金額でした。他社の見積もりの方が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、うちではその額は難しいとバンザイされてしまいました。その後すぐに最初に査定をお願いした会社から、78万なら出せますと連絡がありましたので、OKを出しました。

車買取|それを知った私は

長年乗り続けた愛車を、車検が到来する前に売却することになりました。乗り慣れすぎたというのもあって、新しいパートナーがほしいというような感覚が湧いてきたのです。これまでに比べて、最近は低燃費の車が多いので燃料代もコストが抑えられます。出来れば高値で買い取って欲しい、そういった思いが艶かったので、評判の買い取り業者を調べてみました。するとネットの査定比較サイトを使ってから、クルマの売却先を決めているほとんどの方が、売却した額に満足している事に気がついたのです。

いままでは、買い取り業者に伺って、査定をお願いするというのが当たり前でした。しかしそれだけでは、算出された査定金額というものが世間相場と比較してどうなのか、素人である私達には判断が出来ません。比較サイトを活用した場合、近くの業者の中から一番高い金額を提示してくれた業者さんに売る手配ができるといったメリットがあるのです。

それを知った私は、車種やグレードなど必要事項を入力して査定をお願いしたところ、目が飛び出るような査定額になっていたので、ビックリというほかありません。直ちに連絡して出張してもらって話を伺ってみたところ、ネット査定額とほとんど同じで売ることができました。一括査定サイトを活用しなければ、そう考えるだけで冷や汗が出るくらいです。私の場合ですが、想像できなかった高値で売れたので大大大満足です。いきなり売却するのには、不安感を持つ方もいると思いますから、愛車の相場を調べるところからやってみると良いでしょう。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/16 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.