車買取 goo|手放さないといけない時があります

長年使用した自動車を手放さないといけない時があります。もの悲しい気分にもなり、そして次のクルマが楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーだった軽自動車を手放す事になり、今回は入れ替えではなくて所有台数を抑えて経費節減をするというのが目的でもあったので、クルマの買い取り専門店に査定をしてもらいました。新車で買ったので、車検を1回と1年だから、つまり4年経過ですね。走行距離はだいたい40000キロ、年1万キロペースなので、走行距離としては、普通の走行距離だと思います。クルマの買い取り査定は2業者にお願いし、全て出張査定でお願いしています。査定料はもちろん無料です。自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも査定金額の高い会社に売りたいと思うと思います。ですが素人にはこの車の買い取り相場が分からないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較してみることにしました。

最初に来た買い取り会社は、スタッフさんが車の状況を確認してから持ってきたパソコンで、色々と入力し送信していました。査定価格は71万でした。こちらの希望額は80万ですから、それをスタッフさんに伝えると会社の承認がいるので1日お待ちくださいとのこと。その後もう1社の方が査定に来ましたが、68万円という金額を提示されました。他では70万以上の査定額だったこと、希望が80万円である事を伝えると、うちではその額は難しいと帰られてしまいました。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初に査定してもらったところから、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、喜んでOK出しました。

車買取 goo|日本人が乗っていたという事で

珍しい車を買い取りに出したら、想像以上の価格で買い取ってくれました。考えていた以上で高額査定にはビックリです。よく見かける車や人気車種が高いものだと思っていました。

ネットで調べたところ、そこにある情報では意外でしたが、珍車は高額になりやすく買い取ってくれやすいとありました。そのサイト以外では、よく見かけるような車や人気の車種が高く売れるとあったのです。ただそれは特に外国においての話でした。

国産メーカーの自動車は海外で特に高い需要があります。日本人が乗っていたという事で、ものを大切にする習慣もその理由のようです。私の考えも、日本の自動車は世界レベルと信頼を置いています。今回売却したクルマも日本製の車ですが、もしかして外国で使ってもらえるのかもと思ってみるとワクワクした気持ちになりました。それが国内であっても活かされるのなら嬉しいですね。クルマを売ってしまうときは、乗り慣れたマイカーを失う悲しさもありますが、高値の買い取りや新たなオーナーをイメージする楽しさがありますね。できるのなら誰が買ったのか知りたいと思います。今どこで走っていて、どんな所で普段待機しているのかなど、売った後も考えるのです。

海外か国内かもわかりませんが、何れにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。クルマを引き渡すときにはクルマを買いたいとするお客さんもいて、買いと売りがバランスよくなっているのでしょう。

素敵な日本で、これからもまだ使える車が欲しい人に譲られていくでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/12 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.