車買取 cm 車買取とっておき情報満載の里|希望額は80万と言ってみましたが

長いこと使ったクルマを手放す時というのはいずれきます。愛おしい気持ちになり、だけども次に乗ることになる車が楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーだった自動車を売却することになり、今回は入れ替えではなくて車の台数を減らすことでコストダウンを図るのが目的でもあったので、買い取り専門店にだけ見積もり査定をお願いしました。

新車で購入しましたので、初回の車検をやってから1年だから、つまり4年経過ですね。走行距離は50,000キロ弱、年1万キロペースなので、よく走っているとは思いますが、多いわけでもありません。自動車の査定は2業者にお願いし、出張査定してもらいました。このような査定料は無料でした。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも査定金額の高い会社にお願いしたいと思うでしょう。ですが私のような素人には今の車の買い取り相場が分からないので、2社に一括でお願いし、見積もりを出してもらい比較することにしました。

最初に来てもらった会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノートパソコンを持ち出して、ソフトに入力していってデータ通信しています。査定額の結果は71万弱。こちらの希望額は80万ですから、そのように伝えてみると会社の承認がいるので1日待ってほしいとの事です。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、査定額は68万となりました。他業者では70万あったこと、希望額は80万と言ってみましたが、うちではその額は難しいと帰られてしまいました。その後すぐに先に査定してくれたスタッフさんから、78万円でどうですかと連絡が来たので、その業者に売ることにしました。

車買取 cm 車買取とっておき情報満載の里|どこでどんな使い方をされて

珍車を買い取り業者に出したところ、想像以上の価格で買ってもらえました。考えていた以上でかなり高値で買い取って貰えたのです。認知度が高いクルマや人気の車種が高いものと思っていました。

ネットで調べたところ、そのページの情報ではその予測に反した通りで、珍車は高額になりやすく売却しやすいとありました。他のページもチェックしてみると、売れている自動車や人気車種などが高額で売れるとあったのです。でも条件も書いてあって海外向けとのことでした。

今日本の車は海外では大切に扱われます。日本人が乗っていたという事で、物を大事に扱うといったことも関係していると思います。私が思うに、日本のクルマは世界で一番と信頼を置いています。今回の買い取り依頼した車も国産車ですが、もしかすると外国で使ってもらえるのかもと思うとドキドキした気持ちになります。もちろんそれが国内で使用してもらえるのなら嬉しいです。

自動車を買い取ってもらうときは、乗り慣れたマイカーを失う悲しさもありますが、買い取り額がいくらになるのかや新たなオーナーをイメージする楽しさがありますね。もしかなうのなら次のオーナーは誰なのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、どんな場所でスタンバイしているのかなど、考えるとワクワクします。

もしかして外国かもしれませんが、どこであっても思い出が蘇る気分です。車を渡す時には複数の車を売りたいと思うお客さんがいて、買いと売りがバランスよく取れているんでしょうね。

素敵な日本で、これからも質の良いクルマたちが求める方々に譲られて行くでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/19 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.