車買取 ラビット|海外では大切に扱われます

珍車を買い取り業者に出したところ、かなりの高額で売ることができました。思った以上でかなり高く買ってもらえたのです。認知度が高いクルマや人気の車が高値と思っていたのです。

ネットでチェックしたところ、そこの情報では意外でしたが、珍しい車は高値で買い取るとありました。これ以外のサイトには、認知度が高い車や人気の車種が高く売れるとあったのです。但しその理由は特に海外においてという話でした。

国産のクルマは海外では大切に扱われます。日本人が乗っていたという事で、大切に扱う習慣もその理由のようです。日本人の私は、日本の中古車は世界一と信頼しています。

今回売った車も日本のメーカーですが、これはもしかすると外国で使ってもらえるのかもと思ってみると夢が膨らみます。もちろん海外でなくても活かされるのなら嬉しいですね。

車買い取りの際は、乗ってきた車を手放すときの寂しさがありますが、買い取り価格のことや新たな乗り手を想像する楽しさがあります。可能ならどなたが乗ることになるのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、どこにいるのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

もしかすると海外かもしれず、どこにせよ思い出が蘇る気分です。クルマを引き渡すときには複数の車を売りたいとするお客さんが来ていて、売りたい人と買いたい人のバランスがなっているのでしょう。

素敵な日本で、これからも上質な車が欲しい人に譲られていくでしょう。クルマの買い取りでしたが、色々思いを巡らせてみました。

車買取 ラビット|その後ですが喜びもつかの間

買い取りしてもらったクルマは昨年末に中古で買ったクルマです。4輪駆動の自動車に乗りたいと思っていたのですが、新車はとても無理でした。そこで質の良い中古車を探していたところ、職場の近くにある中古車屋さんで見つかりました。

その後ですが、喜びもつかの間、次々と予想外の問題があり、半年少々で売ってしまうことになりました。試しに自宅の近くにある車買い取りショップに査定見積もりをお願いしたところ、よくて20万円にしかならないというのです。

この自動車は半年前に70万出して買いました。これを計算すると、半年50万程度も失ったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった知名度のある買い取り店に査定してもらいました。査定をしてもらった結果、26万となりましたので買い取ってもらうことができたのです。2社の比較ですが6万もの差が出たのです。

それでも44万円目減りしたことには違いはありませんが、複数社に査定してもらわなければ、さらに6万以上安く売却するはめになったかもと思うと助かったともいえます。

そのまま持って行ってもらうと思っていましたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、車を持って行く準備をしていませんでした。ですので、後日来られたときには輸送料として減額されてしまいました。もし本当に買い取りをしてもらうつもりなら、はじめからそう言っておけば良かったと反省点として挙げておきます。今度買い取ってもらう時は、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/19 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.