車買取 ジャンプ|査定料はもちろん無料です

長いこと使ったクルマを売ってしまうときが来ます。愛おしい気持ちになり、でも次の車が楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーとして所有していた自動車を売ることになり、今回は買い替えせずに所有台数を減らして経費を抑えておこうというのが目的ともいえますので、買い取り業者にだけ見積もり査定をお願いしました。

新車で買ったので、初回の車検をやってから1年だから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、1年で1万キロ走行ですから、過走行車扱いにはなるはずも無く、平均的だと思います。クルマの買い取り査定は2業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料はもちろん無料です。

自動車を買取ってもらうならだれでも、より多くの査定額を提示してくれる会社にお願いしたいと思うでしょう。ですが私にはこの車の査定相場がわかりませんので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみることにしました。

最初に来た買い取り会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノート型のパソコンを使って、色々と入力し通信をしていたようです。査定額の結果は71万弱。私の希望は80万くらいだったので、そのように伝えてみると上司に相談するので1日待ってほしいとの事です。翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、66万円という査定額でした。他では70万以上の査定額だったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、なかなか難しそうな感じで白旗を挙げられてしまいます。その後すぐに最初の査定をしてくれた人から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、OKを出しました。

車買取 ジャンプ|70万出して買いました

売却した車は昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツタイプの車に憧れていたのですが、新車はとても無理でした。そこで良い中古車はないかと探していたところ、自宅から少し離れた町の中古車販売店にあったのです。しかし、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、立て続けにトラブルが発生し、とうとう半年で手放すことになりました。近くにあるクルマ買い取り専門店に査定を依頼したところ、せいぜい20万とのことです。

この自動車は半年前に70万出して買いました。計算したくもありませんが、半年で50万円も資産が減ったことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、以前車買い取りをしてもらった大手の買い取り業者に査定してもらったのです。ここでの査定結果は、26万円までアップし買い取ってもらえました。地元と大手とでは6万円の差になったみたいです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに違いはありませんが、別の業者で査定をしなければ、6万円損した感じで売却するはめになった可能性があったのですから助かったともいえます。

このまま買い取りしてもらうつもりになっていましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、自動車を運ぶような準備をしていませんでした。そんなこともあり、後日取りに来てもらうため輸送料として減額されてしまいました。もしもホントに売却したいのなら、はじめからそう言っておけば良かったと思い直しています。今度利用する場合には、そのあたりも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/11 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.