車買取専門店|今回は入れ替えではなくて

長いこと使ったクルマを売ってしまうときが来ます。なんだか切ない気分にもなり、次に来る車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。2台目として所有していた軽を売ることになり、今回は入れ替えではなくて所有台数を減らして経費の節約を図るというのが目的でもあったので、中古車買い取りを専門としている業者に買い取りの見積もりをお願いしました。

この車は新車で購入し、1回目の車検後1年経過、新車登録から約4年です。走行距離は50,000キロ弱、1年で割れば10,000キロ程度ですから、特に多いわけでもありませんし、平均的だと思います。自動車買い取り査定は2社に絞ってお願いし、出張査定してもらいました。もちろん査定料は無料です。誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも査定金額の高い会社にお願いしたいと思うでしょう。ですが素人には自分の乗っていた自動車の買い取り相場というのが分からないので、今回2つの会社にお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較してみることにしました。

先に来た買い取り専門店は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノート型のパソコンを使って、ソフトに入力していって通信をしていたようです。結果は71万円と言われました。こちらの希望額は80万ですから、その旨を伝えると社長に聞いてみるので1日お待ちくださいとのこと。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、査定額は68万となりました。他では70万以上の査定額だったこと、希望額は80万と言ってみましたが、うちではその額は難しいと白旗を挙げられてしまいます。それからしばらくして先に査定してくれたスタッフさんから、78万なら出せますと連絡がありましたので、OKを出しました。

車買取専門店|海外か国内かもわかりませんが

珍しいクルマを売りに出したら、なぜか高額査定となり売ることができました。予想していた以上に高額査定にはビックリです。よく見かける車や人気のある車が高いものと思っていました。

ネットで調べたところ、ある情報では予想に反して、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取るとありました。他の情報では、認知度が高い車や人気のあるクルマが高く買い取ってもらえるとありました。ただそれは海外に向けての話のようでした。

今日本の車は海外では大切に扱われます。日本人の特徴でもある、大切に扱う習慣も関係していると思います。私が思うに、日本の自動車は世界レベルと言い切れます。

今回売却したクルマも日本製の車ですが、想像すると海外で活躍するのかもしれないと考えるとドキドキした気持ちになります。海外でなくても良いので使用してもらえるのなら嬉しいです。

自動車を買い取ってもらうときは、乗り慣れた車を失う悲しさもありますが、高値の買い取りや次の乗り手を思い浮かべる楽しさなどがあります。できるのならどなたに譲られたのか知りたいです。今どこを走り、どこにいるのかなど、車買い取りの後もよく考えます。

海外か国内かもわかりませんが、いづれにせよ子供の旅立ちのような感じです。クルマを引き渡すときには中古車を購入したいとするお客さんが来ていて、欲しいと不要がバランスよく取れているんでしょうね。

平和な日本では、これからも質の良いクルマたちが欲しい人に譲られていくでしょう。クルマの買い取りでしたが、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.