車買取ティーバイティー|2社に絞ってお願いし

これまで使っていた自動車を売ってしまうときが来ます。なんだか切ない気分にもなり、そして次のクルマが楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーとして所有していた軽を売ることになり、買い替えせずに所有台数を減らしてコストを減らそうというのが目的でもあったので、中古車買い取りを専門としている業者に査定をしてもらいました。

新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり新車登録から4年経過です。4万キロの走行距離で、年1万キロペースなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、平均的な走行距離です。自動車買い取り査定は2社に絞ってお願いし、出張での査定をお願いしました。出張査定でも無料でした。

誰だって車を買い取ってもらう時は、より多くの査定額を提示してくれる会社に売却したいものです。ですが素人には自分の乗っていた自動車の相場というのが判らないので、2社に依頼し、査定額をそれぞれ見積もってもらい比べてみることにしました。

始めに来た業者は、査定をする方が車を一通り確認したのちノート型のパソコンを使って、ソフトに入力していって通信をしていたようです。査定額の結果は71万弱。こちらの希望価格が80万だったので、それをスタッフさんに伝えると本社の許可がいるので明日返事するとのことでした。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、66万円という査定額でした。昨日の査定が70万円だった事、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、なかなか難しそうな感じで苦笑いしていました。その後すぐに最初に査定をお願いした会社から、78万円でどうですかと連絡が来たので、OKを出しました。

車買取ティーバイティー|初めてで不安感もありましたが

初めてで不安感もありましたがネットの車買い取りサイトを使って、複数の業者で比較検討してみました。いつもは近所の業者に売っているので、高めに買ってくれていると思い込んでいました。

しかし実際に数社と査定してわかったのですが、いつもの業者はそれほど高くなかったようなんです。これよりも高く買い取るようなところはないと聞いていたので意外なものでした。それまでは相場で売れれば正解と思っていましたが、それほどでもない事実はショックでした。

今回売ることになった愛車の相場は52万円だったのですが、一括査定をやってみたところ一番高い提示額は70万円と出せるとなりました。世間相場の額なら合格と思っていましたが、相場ってことは高くなくて平均ということです。

見積もり比較をして最高額は70万円であり、2位の買い取り業者は68万円という僅差でした。3位は57万程度で、上位2社とは差があったので、上位2つの業者に出張見積もりを依頼しました。上位の1社だけにそのまま売却しなかった理由は、競合他社がいないと足元を見られると思ったからです。車買い取りサイトを読んだときも、最低2社は呼んで比較しないとダメと書いてありました。

実際に来てもらってからの金額は、約70万相当としていた業者が62万円まで値を下げてきたのです。凹みが目立つとの理由でしたが、8万円も違うのかとビックリしました。しかし最初に68万と言っていた業者は、そのままの金額でいいと言ってきました。結局当初は第二位だった業者が最高額になりましたので、その買い取り業者に売りました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.