車買取センター|帰られてしまいました

今まで使わせてもらった車を手放すことになる日は必ず来ます。もの悲しい気分にもなり、そして次のクルマがやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーとして所有していた軽自動車を手放す事になり、今回は入れ替えではなくて台数をへらして経費節減をするというのが目標だったので、クルマの買い取り専門店に買い取りの見積もりをお願いしました。

中古ではなく新車で購入し、最初の車検を通してから1年経過、だいたい4年ということです。走行距離はだいたい40000キロ、年間で言えば1万くらいなので、よく走っているとは思いますが、特にマイナス要因はありません。自動車買い取り査定は2業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。出張査定でも無料でした。誰だって車を買い取ってもらう時は、高額の査定をしてくれるところに売却したいものです。ただ素人の私には今の車の相場がまったく判らないので、2社に一括でお願いし、それぞれ査定額を出してもらい比較してみることにしました。

最初に来てもらった会社は、担当者がクルマの状況を確認してから持ってきたパソコンで、チェック項目に入力していってデータ通信されていました。査定額の結果は71万弱。こちらの希望価格が80万だったので、それをスタッフさんに伝えると本社と交渉するので1日待ってほしいとの事です。次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、69万円が上限と言われました。他社の見積もりの方が高かったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、うちではその額は難しいと帰られてしまいました。その直後に最初に査定をお願いした会社から、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

車買取センター|私にはわかりません

長年連れ添ってきた車を、もうすぐ来る車検のまえに手放すことになりました。若干飽きていたのに加え、別のクルマで走ってみたいというような感覚がしてきたからです。

これまでに比べて、最近は低燃費の車が多いので燃料代もコストが抑えられます。できるだけ高い金額で買取ってもらえたら、そういった思いが艶かったので、評判の買い取り業者を調べてみました。すると一括査定サイトを使って、クルマを買取ってもらった方の多くが、そこで出された査定額に満足している事に気がついたのです。

これまでならば、近くの1社に、査定を受けるケースという感じでした。しかしそうしてしまうと、算定された見積もり査定額が適切なのか、私にはわかりません。でも比較サイトを活用すれば、厳選された買い取り業者の中でも高額査定をしてくれた専門店にクルマの売却をお願いできるというメリットがあります。

そこで私も、年式や車種などを選択して一括の査定を依頼してみたところ、驚くような査定額になっていたので、ビックリというほかありません。直ちに連絡して出張してもらって尋ねてみたところ、ネット査定額とほぼ同じくらいで買い取って貰えたのです。ネットで査定をしていなければ、そう考えるだけで恐ろしくなりました。こういった感じで、思いもよらぬ高額で売れたので大大大満足です。いきなり売却というのも、不安感を持つ方も多くいると思われますので、愛車の相場を調べる感じでやってみると良いでしょう。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/19 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.