車買い取り 室蘭|ボディの色なども

前に使っていた自動車は、ボンネットの目立つ部分がなぜか白っぽくなっていました。ボディの色は暗めの色でしたが、その白くなっているのが影響して安っぽい感じの車に感じるのです。クルマを洗ってみましたが査定してもらいに伺ったところ、ボディの一部の色が査定価格に影響を与えるという事を聞きました。

カーショップのようなところに行ってボンネットの白色を戻せるものはないかなと探していたら、艶を出すことができる商品を店員さんに教えてもらいました。すぐにそれを使ってみたところ、とてもピカピカになったのです。隣のおじさんにはプロにやってもらったのかと言われるくらいの仕上がりでした。

再度買い取りしてもらうための査定を受けた所、前回よりも査定額がアップしました。古めの車なのでどうなるのか不安でしたが、考えていたよりも高く査定してくれたのでよかったです。ボディの色なども影響はなかったようです。白くなってしまっていたところも元々の色に戻す事が出来、それまでよりもより一層綺麗にすることができたのが嬉しかったです。

車買い取りを依頼する時には、車の艶を出しておくなど綺麗にしておく事をお勧めします。ボディの輝きが気になるときは、ワックスで磨いておくだけでも査定金額に影響するかもしれません。査定見積もり額のアップと艶を出すためのグッズ代と手間を計算してみて、損しないと思ったらやってみるのもアリです。私の場合は1000円弱の出費によって、査定額が数万変わるんですからね。

車買い取り 室蘭|新車で購入し車検を1回と1年だから

長いこと使ったクルマを手放す時というのはいずれきます。愛おしい気持ちになり、そして次のクルマが楽しみでもありという気分でしょう。2台目として所有していた軽自動車を売却することになり、今回は乗換ではなくて車の台数を減らすことでコストを減らそうというのが目標だったので、クルマの買い取り専門店に見積もりを出してもらうようにしました。

新車で購入し、車検を1回と1年だから、つまり新車登録から4年経過です。走った距離は約4万キロ、1年で1万キロ走行ですから、過走行車扱いにはなるはずも無く、特にマイナス要因はありません。自動車買い取り査定は1社では不安なので2社にお願いし、全て出張査定でお願いしています。査定料は無料です。誰だって車を買い取ってもらう時は、より多くの査定額を提示してくれる会社に売却したいものです。ですが素人には自分の乗っていた自動車の査定相場がわかりませんので、2社にお願いすることにし、それぞれ査定額を出してもらい比べてみることにしました。

最初に来てもらった会社は、スタッフさんが車の状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、いろいろな項目に入力しデータ通信されていました。査定価格は71万でした。こちらの希望額は80万ですから、それを伝えると本社の許可がいるのでチョット待ってほしいといわれました。その後もう1社の方が査定に来ましたが、67万という金額でした。昨日の査定が70万円だった事、私の希望額は80万と伝えてみたけど、かなり厳しい金額だと帰られてしまいました。それからしばらくして先に査定してもらった業者から、78万でどう?と連絡が来ましたので、その業者に売ることにしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/08 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.