車買い取り ティーバイティー|本社の許可がいるので

長いこと使ったクルマを手放す日はいつか来ます。とても悲しい気分になり、でも次の車が楽しみな気分でもあったりします。2台目として所有していた軽自動車を売却することになり、今回は入れ替えではなくて台数をへらして経費を抑えておこうというのが目的でもあったので、買い取り専門店にだけ査定をしてもらいました。

新車で買ったので、車検を1回と1年だから、つまり新車登録から4年経過です。4万キロの走行距離で、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車でもありませんし、特にマイナス要因はありません。クルマの買い取り査定は2社にお願いし、来てもらって査定してもらいました。このような査定料は無料でした。

誰でも車を売るとなれば、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいものです。でも素人には自分の乗っていた自動車の買い取り相場が分からないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれの査定見積もりを比べてみることにしました。

最初に来てもらった会社は、担当者がクルマの状況を確認してからパソコンを持ち出して、ソフトに入力していって通信をしていたようです。査定結果は70万ちょっと。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、それをスタッフさんに伝えると本社の許可がいるので帰ってから返事をするとのことです。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、69万円が上限と言われました。別会社の査定額が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、なかなか難しそうな感じで帰られてしまいました。そんなこんなと時間が過ぎたころ先に査定してくれたスタッフさんから、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、喜んでOK出しました。

車買い取り ティーバイティー|想像する楽しさがあります

あまり出回っていない珍車を売却したら、想像以上の価格で買ってもらえました。思った以上で高額査定にはビックリです。売れているクルマや人気の車種が高いものと思っていました。

ネットで確認したところ、そこにある情報ではその予測に反した通りで、珍しい車は高値で売却しやすいとありました。これ以外のサイトには、売れている自動車や人気のあるクルマが高く売れるとあったのです。ただそれは特に外国においての話でした。日本のクルマは海外では人気が高いです。日本人が使っていたという、物を大切に取り扱う習慣もその理由のようです。日本人の私は、日本の車は世界一と絶大な信頼を置いています。

今回売却したクルマも日本のメーカーですが、この車も海外で活躍するのかもしれないと考えると楽しさが膨らみます。もちろん国内で使用してもらえるのなら嬉しいです。

自動車を買い取ってもらうときは、乗ってきた車を手放す悲しさもありますが、買い取り価格のことや新たなオーナーを想像する楽しさがあります。もしも可能ならどなたに譲られたのか知りたいです。今どこを走り、どんな所で普段待機しているのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。海外か国内かもわかりませんが、そこがどこであれ大切な記憶がぶり返してきます。車を渡す時には中古車を購入したいとするお客さんが来ていて、売りと買いのバランスが取れているんだなと思いました。

この日本において、これからも質の良いクルマたちが求めている人に渡っていくでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.