車買い取り アップル|次々とトラブルに見舞われ

今回売却した自動車は昨年夏に買ったセコハンです。昔からスポーツタイプの自動車に憧れていたのですが、新車では高くて手が出ません。そこで良い中古車はないかと探していたところ、職場の近くにある中古車販売店で良い車を見つけました。

ですが、楽しく乗れたのも少しだけで、次々とトラブルに見舞われ、わずか半年にも満たないほどで売ってしまうことになりました。職場の近くのクルマ買い取り専門店に査定見積もりをお願いしたところ、最大限頑張っても20万とのことです。

この自動車は半年前に70万出して買いました。計算したくもありませんが、約50万円を半年で消化してしまったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、友人が売っていた有名な買い取り専門店に査定してもらいました。査定の結果としては、26万円までアップし買い取ってもらうことができました。2社の比較ですが6万円の差がありました。

しかし44万円のマイナスには違いないですし、大手で査定してもらわなければ、6万円低い額で売却することになっていた可能性もあっただけに助かりました。

そのまま買い取ってもらうつもりでありましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、クルマを引き取るような段取りはされていませんでした。そのため、後日来てくれた際には別途輸送費がかかってしまいました。本当に売るつもりならば、最初に言っておくべきだったと後悔しています。次の車を買い取ってもらうときには、そのあたりも忘れないようにします。

車買い取り アップル|車を買い替えるときには

これまで使用していた車を買い替えようと思いました。車を買い替えるときにはディーラーさんで下取りをしてもらえばよいと思う以外発想がありませんでしたが、実際にはそれ以外の方法もあるのだという事をその時知りました。それがクルマの買い取りです。

ただ初めての事だったので、抵抗感もありました。ネットでコツコツ調べながら、手続きを進めていきました。まずはよく見る一括で査定が依頼できるサイトを表示させてからと判ったので、それを調べて、査定申し込みをしました。その結果をもとに、どこの業者に出張を依頼するかを決めることになりました。

これまで何度か親が車を買い替えている様子は見ていましたので、相場のどれくらいで売っていたのかは知っていました。私が使っていた車の走行距離や年式車体の状況を考えても、それほどは高く買い取ってもらえる訳がないと思っていたのですが、現実を知らなさ過ぎました。想像以上の査定額となっていたからです。試しに下取りに出したらどんな結果になるのか、ディーラーさんで伺ってきました。その結果は、車買い取り業者の2社と大体同じ位でした。しかしそれ以上の査定額で見積もりしてくれるところもあったので、私はその買い取り専門業者に引き取ってもらうようにお願いしました。

初めての体験でしたが、順に入力していくだけで、申し込み手続きもやれました。比較したので高く買ってもらう事ができたので、次の車に買い替えるときの出費も減ったので私としても満足できました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.