車売却 準備|いくらかかったと

前に使っていた自動車は、ボンネットのところが薄白く見えていました。濃い色の車だったのですが、白い部分が妙に目だちやけにボロボロな車に感じるのです。洗車をしてから査定してもらいに伺ったところ、やはりボンネットのあの部分が見積もり査定額に影響があると言われました。

ならばとカーショップに行ってボンネットの白色を戻せないか考えていたところ、手軽に艶が出るようなグッズを見つけることができました。すぐにそれを使ってみたところ、とてもピカピカになったのです。それを見た人からいくらかかったと言わせるほどです。もう一回査定に出したところ、前回とは見違えるくらいアップです。古めの車なのでどんな結果になるのか心配でしたが、考えていたよりも高く評価されました。無論色についても何か言われることもありませんでした。白くなってしまっていたところも周りの色に馴染ませられたし、それまでよりもより一層ピカピカにすることが出来たから良かったのかなと思います。

車買い取りを利用する時は、車の艶を出しておくなど綺麗にしておきたいですね。ボディに白っぽさを感じたら、ワックスなどの艶出しで手入れしておけば査定金額に影響するかもしれません。査定価格の上昇とピカピカにするための手間とアイテムの費用とを良く比較してみて、お得と感じたら手入れするのも良いと思いませんか。1000円程度のワックスで、査定額が数万変わるんですからね。

車売却 準備|最初の車検を通してから1年経過

これまで使っていた自動車を手放す時というのはいずれきます。なんだか切ない気分にもなり、だけども次に乗ることになる車が楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーとして所有していた軽自動車を売却することになり、買い替えせずに台数をへらして経費を抑えておこうというのが目的ともいえますので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もり査定をお願いしました。

中古ではなく新車で購入し、最初の車検を通してから1年経過、つまり新車登録から4年経過です。走行距離はだいたい40000キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車でもありませんし、平均的だと思います。自動車の査定は2社にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。このような査定料は無料でした。

車を買い取ってもらうなら、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいですよね。ですが私のような素人には自分の乗っていた自動車の買い取り相場が分からないので、2社にお願いすることにし、それぞれ査定額を出してもらい比べてみることにしました。

先に来た買い取り専門店は、担当者がクルマの状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、ソフトに入力していってネット通信していました。査定結果は70万ちょっと。こちらの希望額は80万ですから、その旨を伝えると会社の承認がいるので1日待ってほしいとの事です。もう1社の方も来て査定していってくれましたが、査定額は68万となりました。他では70万以上の査定額だったこと、希望額は80万と言ってみましたが、当社ではとても難し額ですと苦笑いしていました。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初の査定をしてくれた人から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、そこで決めました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/04 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.