車売却 注意点|70万円で購入しました

今回売却した自動車は昨年の暮れに中古で買った車でした。以前から外国産の車に乗りたいと思ってましたが、新車は手が届くレベルではありません。そこで質の良い中古車を探していたところ、自宅から少し離れた町の中古車販売のお店にありました。

しかしその後、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、次々と予想外の問題があり、半年少々で売ってしまうことになりました。まずは近隣の車買い取り業者に査定を依頼したところ、最大限頑張っても20万とのことです。

私は半年前にその車を70万円で購入しました。単純に計算すると、6カ月で50万円も失ったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、友人が売っていた有名な買い取り専門店に比較のために査定をお願いしました。ここでの査定結果は、26万となりましたので買い取ってもらうことができたのです。地元と大手とでは6万の価格差がありました。

それでも44万減った事実に違いはないのですが、2社で査定しなかったら、それ以上に安く手放すことになっていたかもと思えばまだ助かったと言えます。そのまま持って行ってもらうと思っていましたが、査定だけと思われていたようで、クルマを引き取るような準備をしていなかったようです。ですので、後日来られたときには輸送費を引かれてしまいました。もしもホントに売るつもりならば、ハナから言っておくべきだと反省点として挙げておきます。次に利用する時は、そのことも覚えておこうと思います。

車売却 注意点|載っていた車はディーラーに

新モデルの登場と時期を合わせて、旧型になるマイカーを売却しようと思っていました。載っていた車はディーラーに下取りに出す予定でしたが、想像以上に安い査定額となり、クルマの買い取り店と比べると15万くらい安くなるところでした。

これまで下取りだけしかやっていませんでしたが、はじめて車一括査定サイトを利用して下取りと比較したとき、その金額差に愕然としました。結局ディーラーへの下取りはやめる方向とし、車買い取り業者に売ることにしたのです。

車一括査定サイトで確認してみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、30~76万まで金額にバラつきがあったのです。一番高値の専門業者に売ることを考えましたが、買い取りサイトには少なくとも3社とは無料の出張査定をしたほうがよいと書かれていました。

3社での見積もりが必要な理由は、実際に目視による査定を受けることで、本当の査定額が判ります。サイトでは概ねの金額は判りますが、目安的なものであり詳細は実車しだいです。そのため出張依頼を3社にして、来てもらったのです。

売却手続きまで含めて約1時間と聞かされていましたので、土日など休みの日に査定見積もりをしてもらいました。査定してもらった結果、サイトで表示された概算査定額2位の査定士さんが1位の査定額を抜いて、最高の査定額を提示してくれたのです。サイト内では70万を下回る査定金額だったのですが、5万以上高い業者がいたことを知らせてみたら、78万になったのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/13 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.