車売却 手続|地元と大手とでは

今回売却した自動車は1年ほど前に買った中古車です。昔からスポーツタイプの自動車に乗ってみたいと思いましたが、新車は高すぎて買えません。そのため中古で良質な車を探していたところ、自宅から少し離れた町の中古車販売のお店にありました。

しかしその後、乗って楽しかったのは少々、次々とトラブルに見舞われ、わずか半年にも満たないほどで手放すことになりました。試しに自宅の近くにある中古車買い取り業者に出張査定を依頼したところ、多めに見積もっても20万が上限とのことです。私は約6ヶ月前にこの車を総額70万で買いました。単純計算では、約50万円を半年で減らしてしまったということになります。これでは納得できないので、以前車買い取りをしてもらった知名度のある買い取り店に比較のために査定をお願いしました。ここでの査定結果は、26万円までアップし買い取っていただきました。地元と大手とでは6万の差が生まれるようです。

それでも44万円減ったことには違いはないのですが、2社目で査定してもらってなければ、6万円損した感じで売ってしまうことになっていた可能性もあっただけに助けられたとも言えます。そのまま買い取ってもらうつもりでありましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、クルマを持って帰るような考えではなかったようです。そういったこともあって、後日来られたときには別途輸送費がかかってしまいました。もしも買い取りをしてもらうつもりなら、ハナから言っておくべきだと反省点として挙げておきます。次に利用する時は、そのあたりも注意したいと思います。

車売却 手続|相場というのが判らないので

今まで使わせてもらった車を売ってしまうときが来ます。もの悲しい気分にもなり、だけども次に乗ることになる車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーとして所有していた軽自動車を手放す事になり、今回は乗換ではなくて車の台数を減らすことで経費の節約を図るというのが目的でもあったので、中古車買い取りを専門としている業者に査定をしてもらいました。新車で買ったので、49か月目ですから、つまり4年経過ですね。走行距離はだいたい40000キロ、年間で言えば1万くらいなので、特に多いわけでもありませんし、多いわけでもありません。車の買い取り見積もりは2社に絞ってお願いし、出張での査定をお願いしました。出張査定でも無料でした。

車を買い取ってもらうなら、少しでも査定金額の高い会社にお願いしたいと思うでしょう。ですが素人には自分が乗っている自動車の相場というのが判らないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、それぞれの査定見積もりを比較してみることにしました。

先に来た買い取り専門店は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てから持ってきたパソコンで、いくつか入力してからネット通信していました。結果は71万円と言われました。こちらの希望額は80万ですから、その旨を伝えると会社の承認がいるので明日返事するとのことでした。翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、69万円が上限と言われました。他業者では70万あったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、かなり厳しい金額だと撤退されてしまいました。そんなこんなと時間が過ぎたころ先に査定してくれたスタッフさんから、78万でどう?と連絡が来ましたので、喜んでOK出しました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/14 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.