車売却 名義変更確認|このまま買い取りしてもらう

買い取りしてもらったクルマは昨年の暮れに中古で買った車でした。4輪駆動の自動車に乗ってみたかったのですが、新車はとても無理でした。そのため良質の中古車を探しまくっていたら、自宅から少し離れた町の中古自動車販売店で見つけました。ところが、楽しく乗れたのも少しだけで、立て続けにトラブルが発生し、半年少々で売ってしまうことになりました。職場の近くの車買い取り業者に出張査定を依頼したところ、よくて20万とのことです。

私は半年前にその車を70万出して買いました。この状況を端的に言えば、半年間で約50万も失ったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、知り合いが売却していた知名度のある買い取り店に無料査定を依頼しました。査定見積もりしてもらった結果は、26万円までアップし買い取ってもらうことになりました。わずか2社の比較でしたが6万の価格差がありました。

それでも44万円減ったことには違いはありませんが、2社で査定しなかったら、さらに6万以上安く売ることになっていた可能性もあっただけに助けられたとも言えます。

このまま買い取りしてもらうと思っていましたが、査定のみのつもりだったみたいで、自動車を運ぶような段取りはされていませんでした。そういったこともあって、後日来てくれた際には輸送代を取られてしまいました。もしもホントに売ってしまおうと考えているのなら、最初から言っておけばよかったと少し後悔しています。次回があれば、そのことも覚えておこうと思います。

車売却 名義変更確認|高値の買い取りや

珍しいクルマを売りに出したら、想像以上の価格で買い取ってもらえました。考えていた以上でかなり高値で買い取って貰えたのです。売れているクルマや人気車種が高いものだと思っていました。ネットで調べたところ、ある情報では想像できなかったですが、珍車は高額になりやすく買い取るとありました。しかしある情報では予測通り、馴染みの深い車や人気の車種が高く買い取ってもらえるそうです。それは国内ではなく海外向けとのことでした。日本の自動車は海外で高い需要があるようです。日本人の特徴でもある、ものを大切にする習慣もその理由のようです。日本人の私は、日本のクルマは世界で一番と信頼しています。

今回の車買い取りを依頼したのも日本製の車ですが、これはもしかすると海外で使われるのかもしれないなと妄想すると夢が膨らみます。もちろん国内で使用してもらえるのなら嬉しいです。

自動車を買い取ってもらうときは、乗り慣れたマイカーを失う悲しさもありますが、高値の買い取りやこの車を次に乗る人を想像する楽しさがあります。可能なら誰が買ったのか知りたいと思います。今どこで走っているのか、どんな場所でスタンバイしているのかなど、考えるとワクワクします。海外か国内かもわかりませんが、どこにせよ思い出が蘇る気分です。クルマを引き渡すときにはクルマを買いたいとする次のオーナーもいて、売りたい人と買いたい人のバランスがなっているのでしょう。日本では、これからも質の良いクルマたちが必要な人たちに利用されていくのでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/04 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.