車売却 コツ|中古車販売店にあったのです

今回売ったクルマなのですが昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツタイプの車に乗ってみたいと思いましたが、新車はとても無理でした。そこで良さげな中古を近くで探しましたが見つからず、家から離れたところの中古車販売店にあったのです。

ですが、喜んで乗っていたのですが、次々と予想外の問題があり、わずか半年で手放したくなりました。家の近くの車買い取りショップに査定見積もりをお願いしたところ、せいぜい20万円が相場だそうです。

私はこの車を半年前に70万円で購入しました。単純計算では、半年で50万円も消化してしまったことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、前に車買い取りを依頼したこともある知名度のある買い取り店に比較のために査定をお願いしました。査定見積もりしてもらった結果は、26万円で買い取ってもらうことができたのです。2社の比較ですが6万の価格差がありました。

しかし44万円のマイナスには変わりはありませんが、大手で査定してもらわなければ、6万円低い額で売ってしまうことになったかもと思うと助かったともいえます。そのまま買い取ってもらうつもりでしたが、査定だけと思われていたようで、車を持って行く準備をしていなかったようです。そのため、後日の引き取り時に輸送料として減額されてしまいました。もし本気で売却したいのなら、ハナから言っておくべきだと後悔しています。次回があれば、そのあたりも忘れないようにします。

車売却 コツ|査定額に2.5倍もの開きが生じました

新型モデルの登場と同時に、所有している自動車を引き取ってもらおうと思っていました。当初は購入したディーラーに下取りをお願いしようと思っていましたが、想像以上に安い査定額となり、買取専門店と比較すると15万くらい安くなっていました。

今までは下取りしかやっていませんでしたが、はじめて車一括査定サイトを活用してみて、その査定額の差にビックリしました。こういった現実を知った以上下取りはしないことにして、買い取り専門店に売ることになりました。

クルマの一括査定サイトなどで確認してみたところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。7社に査定してもらいましたが、31万円から76万円まで金額にバラつきがあったのです。最初は76万の業者にお願いすることも考えましたが、買い取りサイトでは少なくとも3社とは無料の出張査定をしたほうがよいと記載されていました。

複数社で見積もりを出してもらう理由は、目視による査定をしてもらうことで、確定の査定額が判るからだと思います。サイトでの評価額は判りますが、参考値でしかなく詳細は実車しだいです。そのため出張依頼を3社にして、自宅まで来てもらうことにしたのです。

売却手続きまで含めて約1時間と聞かされていましたので、土日など休みの日に査定してもらいました。出張してもらっての査定の結果、ネット査定額2位の査定士さんが1位の業者を追い抜き、最高金額を提示してきました。サイト内では70万を下回る価格でしたが、76万を提示してくれた業者がいたことを知らせてみたら、78万弱までアップしてくれました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/13 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.