車売る 見積|査定をする方が車を一通り確認したのち

今まで使わせてもらった車を手放さないといけない時があります。なんだか切ない気分にもなり、でも次の車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーだった軽自動車を売却することになり、今回は乗換ではなくて所有台数を抑えて経費節減をするというのが目的ともいえますので、クルマの買い取り専門店に査定をしてもらいました。

新車で購入し、49か月目ですから、だいたい4年ということです。4万キロの走行距離で、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車扱いにはなるはずも無く、普通の走行距離だと思います。自動車買い取り査定は2つの業者にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。査定料は無料です。

車を買い取ってもらうなら、少しでも高い査定会社に売りたいと思うと思います。ただ素人の私にはこの車の査定相場がわかりませんので、2社に依頼し、それぞれ査定額を出してもらい比較してみることにしました。始めに来た業者は、査定をする方が車を一通り確認したのちノートパソコンを持ち出して、色々と入力し送信していました。結果は71万円と言われました。希望していた額は80万以上でしたので、そのように伝えてみると会社の承認がいるので帰ってから返事をするとのことです。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、66万円という査定額でした。他社の見積もりの方が高かったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、なかなか難しそうな感じで帰られてしまいました。その直後にタイミングよく先に査定してくれたスタッフさんから、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、そこで決めました。

車売る 見積|2社の比較ですが

売却した車は少し前に中古で買った車でした。以前から外国産の車に乗りたいと思ってましたが、お財布の都合で新車は無理でした。そこで良い中古車はないかと近くで探しましたが見つからず、自宅から少し離れた町の中古車販売店にあったのです。

しかし、楽しく乗れたのも少しだけで、次々と予想外の問題があり、とうとう半年で手放すことになりました。近くにある車買い取り業者に出張査定を依頼したところ、よく頑張っても20万が上限とのことです。この自動車は半年前に購入したとき70万円支払いました。単純計算では、約50万円を半年で消化してしまったことになります。これは満足いくわけもないので、前に車買い取りを依頼したこともある有名な買い取り業者に査定の依頼をしました。ここでの査定結果は、26万となりましたので買い取ってもらうことができました。2社の比較ですが6万円の差がありました。

それでも44万円減ったことには変わりないのですが、複数社に査定してもらわなければ、さらに6万以上安く売ってしまうことになっていた可能性もあっただけに助かったともいえます。

そのまま引き取ってもらうと思っていましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、クルマを引き取るような感じではありませんでした。そういったこともあって、後日の引き取り時に別途輸送費がかかってしまいました。もし本気で売却したいのなら、はじめからそう言っておけば良かったと後悔しています。次回があれば、そのあたりも忘れないようにします。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/12 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.