車売る 紹介|68万円という金額を提示されました

長いこと使ったクルマを手放す時というのはいずれきます。愛おしい気持ちになり、次に乗る車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーだった自動車を売却することになり、今回は買い替えせずに所有する車の台数を減らして経費の節約を図るというのが目的だったので、クルマの買い取り専門店に買い取りの見積もりをお願いしました。新車で買ったので、初回の車検をやってから1年だから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離はだいたい40000キロ、1年で1万キロ走行ですから、過走行車でもありませんし、多いわけでもありません。自動車の査定は2業者にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。このような査定料は無料でした。

車を買い取ってもらうなら、高額の査定をしてくれるところにお願いしたいと思うでしょう。ですが私には乗っている車の査定相場がわかりませんので、2社に一括でお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較することにしました。

先に来た買い取り専門店は、査定担当者が自動車を見てから持ってきたパソコンで、いくつか入力してからデータ通信されていました。査定結果は70万ちょっと。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、そのように伝えてみると本社の許可がいるので明日返事するとのことでした。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、68万円という金額を提示されました。昨日の査定が70万円だった事、希望額は80万と言ってみましたが、当社ではかなり厳しいとバンザイされてしまいました。それからしばらくして最初に査定してもらったところから、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、そちらで買ってもらうことにしました。

車売る 紹介|ボンネットのところの色が

前に使っていた自動車は、ボンネット部分がなぜか白くなっていました。ボディの色は濃い目だったのですが、その白さが目立ってやけにボロ車に見えていました。一応洗車をして査定に持って行った所、ボンネットのところの色が査定価格に影響があるようです。

ならばとカーショップに行って何とかボディの色を戻せないか考えていたところ、艶を出すことができるアイテムを見つけました。早速それを気になる部分に塗った所、とても綺麗になりました。隣のおじさんには新車にしたのかと聞かれたほどです。

再度買い取りしてもらうための査定に出したところ、前回よりはるかに高額になりました。年数も経っている車なのでどうなってしまうのかと思っていましたが、想像以上に高く査定してくれたのでよかったです。ボディの色なども何ら指摘される事はありませんでした。白っぽかったあの部分も基の色に近づけることができ、より一層綺麗にすることが出来ました。

クルマの査定を受ける前には、なるべくボディをキレイにしておくとよいでしょう。ボディカラーが気になる場合は、ワックスなどの艶出しで手入れしておけば査定額が上がるかもしれません。査定額がアップすることと輝きを出すための手間とアイテムの費用とを比較してみて、オトクになるようであればきれいにするのも良いでしょう。千円くらいの出費があっても、数万円の査定アップになりました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/11/08 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.