車売る 注意点|しかし44万円のマイナスには

今回売ったクルマなのですが昨年の暮れに中古で買った車でした。ずっとスポーツカーに乗ってみたいと思いましたが、新車はとても無理でした。そのため良質の中古車を近くで探しましたが見つからず、職場の近くにある中古車販売のお店にありました。

ですが、乗って楽しかったのは少々、トラブルが次々発生し、わずか半年で手放すことになりました。職場の近くの自動車買い取り業者に無料査定をお願いしましたところ、よくて20万とのことです。

このクルマを私は6カ月前に約70万で購入したのです。計算したくもありませんが、半年で50万円も財産が目減りしたことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった有名な買い取り専門店に査定の依頼をしました。その結果、26万円までアップし買い取ってもらえました。比較した査定をすることで6万の差が生まれるようです。

しかし44万円のマイナスには違いはないのですが、2社で査定しなかったら、それ以上に安く手放すことになっていたかもしれないのですから助かったともいえます。

そのまま買い取ってもらうと思っていましたが、査定のみのつもりだったみたいで、クルマを引き取るような準備をしていなかったようです。その為、後日来られたときには輸送代を取られてしまいました。もし本当に買い取りをしてもらうつもりなら、最初に言っておくべきだったと思い直しています。次回があれば、そのことも覚えておこうと思います。

車売る 注意点|思っていますが他にも方法が

これまで使用していた車を乗換することになりました。私は車を買い替える時はディーラーさんで下取りをやってもらえばよいと思っていますが、他にも方法があるという事を教えてもらいました。それが買い取り専門業者でした。初めての経験なので、何がどうなのかわかりませんでした。ネットを使って調べながら、やっていきました。まずは人気のありそうな一括で査定が依頼できるサイトを表示させてからと判ったので、査定サイトを調べ、査定申し込みをしました。その結果を見て、どこの業者に買い取ってもらうかを選ぶことになりました。何度か両親がクルマを買い替えている姿は見てきたので、どれくらいの交渉の後で売っていたのかは判っています。私の乗っていた車の年式や車の使用状態を考慮しても、希望額ほど高く買い取ってもらえる訳がないと考えていましたが、実際には違いました。想像以上の査定額となっていたからです。もしも下取りだったらどれくらいの金額になるか、ディーラーに聞きに行ってきました。その結果としては、買い取り業者の下の方と同程度でした。でもそれ以上の査定金額で買ってくれる業者もいましたので、その業者にお願いしたのです。

初めての事でしたが、順番に一つずつ作業を進めて行った所、簡単に手続きなどを行う事が出来ました。高く買い取ってもらう事ができた関係で、次に乗る車を買い替える時の費用も抑えることができましたしやってみよう行動して良かったです。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/06 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.