車売る 査定|より多くの査定額を提示してくれる会社に

長い年月使用した車を手放さないといけない時があります。愛おしい気持ちになり、そして次のクルマが楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーだった軽自動車を売却することになり、買い替えせずに所有台数を減らして経費の節約を図るというのが目的ともいえますので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もりをしてもらいました。

新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離はだいたい40000キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、よく走っているとは思いますが、多いわけでもありません。自動車買い取り査定は2社にお願いし、出張での査定をお願いしました。もちろん査定料は無料です。車を買い取ってもらうなら、より多くの査定額を提示してくれる会社に売却したいものです。でも素人にはこの車の査定相場がわかりませんので、2社にお願いすることにし、それぞれ査定額を出してもらい比較してみようと思いました。

最初に来てくれた買い取り業者は、査定担当者が自動車を見てからパソコンを持ち出して、色々と入力しデータ通信されていました。査定結果は70万ちょっと。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、それをスタッフさんに伝えると本社と交渉するので1日待ってほしいとの事です。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、67万という金額でした。他では70万以上の査定額だったこと、希望額は80万と言ってみましたが、当社ではとても難し額ですと白旗を挙げられてしまいます。そんなこんなと時間が過ぎたころ先に査定してくれたスタッフさんから、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、喜んでOK出しました。

車売る 査定|よく見かけるような車や

珍しいクルマを売りに出したら、かなりの高額で買い取ってもらえました。考えていた以上で高額査定にはビックリです。売れているクルマや人気の車が高値と思っていたのです。

ネットで調べたところ、そのページに書かれていた内容ではその通りで、珍しいクルマは高く買い取るとありました。これ以外のサイトには、よく見かけるような車や人気の車種が高く買い取ってもらえるそうです。但しその理由は特に海外においてという話でした。日本のクルマは海外で喜ばれます。日本人が使用していたからもあり、丁寧に乗っているだろうということも関係していると思います。私は日本で生まれましたが、日本の自動車は世界レベルと信頼しています。今回売った車も日本のメーカーですが、もしかして海外で使って貰えるのかもしれないと思うとドキドキした感じになりました。海外でなくても良いので使ってもらえるのはいいですね。

車を売るときは、乗り慣れた車を手放す寂しさもあるのですが、どんな査定がされるのかや次の乗り手を思い浮かべる楽しさなどがあります。可能なら次のオーナーは誰なのか知りたいです。今どこで走っていて、どんな場所で毎日いるのかなど、考えるとワクワクします。外国なのかもしれませんが、そこがどこであれ思い出が蘇る気分です。自動車を手放すときには複数の車を売りたいとするお客さんが来ていて、売りと買いのバランスが取れているんでしょうね。

日本では、これからもまだ使える車が求めている人に渡っていくでしょう。買い取りを通じて、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.