車売る 必要|私はこの車を半年前に

買い取りしてもらったクルマは昨年末に中古で買ったクルマです。4輪駆動の自動車に乗ってみたいと思いましたが、新車は高すぎて買えません。そこで良さげな中古を探していたところ、遠方にある知り合いの中古車販売店にあったのです。

ところが、喜んで乗っていたのですが、次々と予想外の問題があり、わずか半年で売ってしまうことになりました。職場の近くの自動車買い取り業者に無料査定をお願いしましたところ、多めに見積もっても相場以下の20万円らしいです。私はこの車を半年前に約70万で購入したのです。単純に計算すると、約50万円を半年で財産が目減りしたことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、以前車買い取りをしてもらった人気の買い取り業者に査定してもらいました。ここでの査定結果は、26万となりましたので買い取ってもらえました。2社の比較ですが6万の差が生まれるようです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに違いはないのですが、複数社に査定してもらわなければ、6万円低い額で売ってしまうことになっていたかもと思えば助かります。

そのまま引き取ってもらうと思っていましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、車を持って行く段取りはされていませんでした。ですので、後日の引き取り時に輸送賃がかかってしまいました。本当に売ってしまおうと考えているのなら、最初から伝えておくべきだったなと少し後悔しています。今度買い取ってもらう時は、そのあたりも忘れないようにします。

車売る 必要|一番高値をつけてくれた

仕事先が決まったお祝いとして、両親がプレゼントとして車を買ってくれました。大学を出て勤めるようになってからは、この車を使って通勤していました。その後本社へ転勤となったので、車も引っ越すかどうかで悩んでいました。

田舎であれば自動車は、必須アイテムです。ですが交通網が整備されている都心部においては、車が仮になくってもさして日常生活に支障とはなりません。さらに駐車場代や維持管理まで考えると、生活費への負担が大きくなるので思い切って売却を検討することにしました。たまたま自宅の近くに、車買い取りショップのお店があったのでそこに持ち込んで、査定してもらいました。想像していなかった評価で価格が提示され、思わず落胆してしまったのでそこでは売らずに、他に買い取り専門店がないかを探そうと思ったのです。するとネットで査定できるようなので、見積もりを取って貰う事にしました。車種名やグレード走行距離などを入力するだけで、複数の査定業者とともに概算査定額を教えてくれます。一括で申込できるので、時間を大きく節約できるので便利です。そうして出た結果、一番高値をつけてくれた業者さんがいたので、そこへ売ることにしました。

最初の査定よりも得た金額は大きな差がありましたので、ネットを活用してとても助かりました。親切な業者さんでもあって、期待以上の高値で買い取って頂きました。車を売却することがあれば、査定サイトを使うことをオススメしますよ。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/19 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.