車売る 失敗|この車を次に乗る人を

珍しい車を買い取りに出したら、予想以上の高値で売ることができました。相場よりも高額査定にはビックリです。認知度が高いクルマや人気の車が高値と思っていたのです。ネットでチェックしたところ、ある情報ではその通りで、珍車は高額になりやすく買い取ってくれやすいとありました。そのサイト以外では、売れている自動車や人気車種が高値で売れるとあったのです。それは国内ではなく特に海外においてという話でした。

今日本の車は海外では大切に扱われます。日本人特有の、大切に扱う習慣もその理由のようです。私は日本人ですが、日本のクルマは世界で一番と絶大な信頼を置いています。今回売った車も国産メーカーの車ですが、もしかすると外国で使ってもらえるのかもと思ってみると楽しさが膨らみます。もちろん国内で使用してもらえるのなら嬉しいです。

クルマを売ってしまうときは、慣れ親しんだクルマを手放さないといけない寂しさもありますが、買い取り額がいくらになるのかやこの車を次に乗る人を思い浮かべるのも好きです。もしかなうのなら次のオーナーは誰なのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、何処に留まっているのかなど、売った後も考えるのです。

どこにあるのかわかりませんが、いづれにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。車を渡す時には複数の車を売りたいとするお客さんもいて、欲しいと不要がバランスよくなっているのでしょう。

この日本において、今後も自動車が必要としている人に渡っていくでしょう。クルマの買い取りでしたが、色々なことを学んだ出来事でした。

車売る 失敗|車をもっていくような

買い取りしてもらったクルマは昨年の暮れに中古で買った車でした。4輪駆動の自動車に憧れていたのですが、新車は高すぎて買えません。そこで良い中古車はないかと探しまくっていたら、自宅から少し離れた町の中古車屋さんで見つかりました。

しかし、乗って楽しかったのは少々、次々とトラブルに見舞われ、わずか半年にも満たないほどで売ってしまうことになりました。まずは近隣の車買い取り業者に無料査定をお願いしましたところ、多めに見積もっても20万が上限とのことです。

私はこの車を半年前に約70万で購入したのです。計算したくもありませんが、約50万円を半年で失ったことになります。これでは納得できないので、友人が売っていた有名な買い取り業者に比較のために査定をお願いしました。ここでの査定結果は、26万円で買い取ってもらうことになりました。わずか2社の比較でしたが6万円の差がありました。

それでも44万円減ったことには変わりないのですが、2社目で査定してもらってなければ、6万円低い額で売却することになっていた可能性もあっただけに助かりました。そのまま買い取ってもらうつもりだったのですが、査定のみのつもりだったみたいで、車をもっていくような感じではありませんでした。その為、後日来られる際に別途輸送費がかかってしまいました。もし本当に売ってしまおうと考えているのなら、最初から言っておけばよかったと少し後悔しています。次に利用する時は、そのことも覚えておこうと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/16 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.