車売る 売却|大きな差がありましたので

仕事先が決まったお祝いとして、両親がプレゼントとして車を買ってくれました。大学を卒業した後は、この自動車に乗って職場へ通勤していました。ところが転勤することになったのですが、クルマの処置をどうするかで困っていました。

田舎であれば自動車は、持っていないと必ず困ります。でも電車などが網羅されている都市であれば、車が無くてもさして日常には支障といったことは無いでしょう。車を持てば駐車場代や維持管理費用もあるので、費用的な負担が大きくなりそうなのでこれをきっかけに売却することに決めました。

そこで自宅周辺の、有名な買い取り専門店の店舗があったのでそこを訪れ、そのまま査定してもらったのです。結果は予想をはるかに下回る金額がつけられ、ガッカリしてしまったのでそこでは保留にしておき、他に買い取り専門店がないかを探そうと思ったのです。

ネットを見ると一括査定ができるようで、査定を依頼してみました。車種年式グレードなどを入力するだけで、複数の買い取り専門店が査定額を算出してくれます。一括査定出来るので、簡単ですし手間も大幅に節約出来るのも魅力的です。こうして調べてみましたが、一番高値をつけてくれた買い取り業者があり、そちらに引き取ってもらう事にしました。

実際に査定して売れた金額は大きな差がありましたので、ネットの査定サイトを利用して良かったです。交渉したので、期待以上の高値で売れることができました。クルマを売ることがあれば、比較サイトを活用してみる事をオススメしたいと思います。

車売る 売却|単純計算では約50万円を半年で

売却した車は昨年夏に買ったセコハンです。昔からスポーツタイプの自動車に乗ってみたいと思いましたが、新車は高すぎて買えません。そのため中古で良質な車を探していたところ、家から離れたところの中古自動車販売店で見つけました。しかしその後、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、トラブルが次々発生し、わずか半年で買い替えを考えました。職場の近くの自動車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、よくて20万円にしかならないというのです。

この自動車は半年前に70万出して買いました。単純計算では、約50万円を半年で消化してしまったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、知り合いが売却していた有名な買い取り業者に比較のために査定をお願いしました。その結果、26万円までアップし買い取ってもらうことができました。地元と大手とでは6万円の差がありました。

それでも44万減った事実に違いないですし、別の業者で査定をしなければ、さらに6万円も安く売ってしまうことになっていた可能性もあっただけに助かりました。

そのまま持って行ってもらうつもりになっていましたが、査定だけと思われていたようで、車をもっていくような準備をしていなかったようです。そういったこともあって、後日来られる際に輸送費を引かれてしまいました。本当に買い取りをしてもらうつもりなら、最初に言っておくべきだったと少し後悔しています。今度買い取ってもらう時は、そのあたりも忘れないようにします。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.