車売る 仙台|走行距離は50,000キロ弱

長い年月使用した車を手放すことになる日は必ず来ます。とても悲しい気分になり、でも次の車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーとして所有していた軽自動車を手放す事になり、今回は乗換ではなくて車の台数を減らすことでコストを減らそうというのが目的でしたから、クルマの買い取り専門店に査定をしてもらいました。

中古ではなく新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、年間1万キロ程度なので、走行距離としては、平均的だと思います。車の買い取り見積もりは2社にお願いし、出張査定してもらいました。査定料は無料です。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも査定金額の高い会社に売りたいものです。ですが私のような素人には今の車の買い取り相場が分からないので、2社に依頼し、それぞれの査定見積もりを比較してみようと思いました。

最初に来てくれた買い取り業者は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノート型のパソコンを使って、色々と入力し送信していました。査定結果は70万円でした。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、そのように伝えてみると上司に相談するのでチョット待ってほしいといわれました。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、67万という金額でした。昨日の査定が70万円だった事、希望額と10万以上離れているといってみましたが、なかなか難しそうな感じで白旗を挙げられてしまいます。その直後にタイミングよく最初に査定をお願いした会社から、78万なら出せますと連絡がありましたので、喜んでOK出しました。

車売る 仙台|前に使っていた自動車は

前に使っていた自動車は、ボンネットの目立つ部分が薄白く見えていました。濃い色の車だったのですが、その白い部分が際立ってしまい安っぽい感じの車に見えてしまうのです。クルマを洗ってみましたが査定に持って行った所、ボンネットのところの色が査定額に影響があると言われました。

カー用品があるお店に行ってボディの色を戻す方法はないか見ていたら、艶を出すことができる商品がありました。さっそく気になるところをやってみたところ、艶が出ていい感じになりました。親父からはプロにやってもらったのかと言われました。

そこでもう一度出張査定見積もりをやったところ、前回よりも査定額がアップしました。古い車だったのでどう出るかと思いましたが、考えていたよりも高く見てもらえたので嬉しかったです。無論色についても何ら指摘される事はありませんでした。白っぽく感じた色も周りの色に馴染ませられたし、それまでよりも綺麗にすることが出来ました。

クルマを売る前には、車を掃除するなどきれいに見えるようにしておきましょう。ボディの艶がないときなどは、艶出しワックスなどでメンテしておくと査定額に変化が出る事も有ります。査定見積もり額のアップと輝きを出すためのグッズ代と手間を良く比較してみて、損しないと思ったらやってみましょう。1000円程度のワックスで、査定額は数万円アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.