車売る ディーラー|そのまま引き取ってもらう

買い取りしてもらったクルマは昨年夏に買ったセコハンです。以前から外国産の車に乗ってみたかったのですが、新車は手が届くレベルではありません。そこで質の良い中古車を探していましたが、職場の近くにある中古車販売店にあったのです。

しかし、喜んで乗っていたのですが、トラブルが次々発生し、わずか半年で買い替えを考えました。試しに自宅の近くにある中古車買い取り業者に無料査定をお願いしましたところ、よく頑張っても20万が上限とのことです。私は半年前にその車を70万円で購入しました。これを計算すると、半年50万程度も資産が減ったことになります。これは満足いくわけもないので、知り合いが売却していた人気の買い取り業者に比較のために査定をお願いしました。査定をしてもらった結果、26万でしたので買い取ってもらうことになりました。比較した査定をすることで6万円の差がありました。

しかし44万円のマイナスには違いはないのですが、2社目で査定してもらってなければ、さらに6万以上安く売却することになっていた可能性もあっただけに助かります。そのまま引き取ってもらうと思っていましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、クルマを引き取るような考えではなかったようです。その為、後日来られたときには輸送費を引かれてしまいました。もし本当に売るつもりならば、最初に言っておくべきだったと反省点として挙げておきます。今度利用する場合には、そのあたりも忘れないようにします。

車売る ディーラー|思ったよりも高く

前に使っていた自動車は、ボンネット部分がなぜか白っぽくなっていました。ボディの色は暗めの色でしたが、その白くなっているのが影響して安っぽい感じの車に感じるのです。洗車も一応しましたが査定をやってもらうと、ボディの一部の色が査定価格に影響があると言われました。

カーショップのようなところに行ってボンネットの白色を戻せないか考えていたところ、ボディの艶を出すような商品を見つけました。気になっていたあの部分に塗ったところ、ボディはとてもきれいになりました。友人には買い替えたのかと言われました。

再度買い取りしてもらうための査定に出したところ、前回とは見違えるくらいアップです。古めの車なのでどうなるのか不安でしたが、思ったよりも高く査定してくれたのでよかったです。勿論ボディの色に関しては何ら指摘される事はありませんでした。白っぽかったあの部分も前の色に戻すこともできたし、これまでよりもそれ以上にキレイな感じにすることが出来ました。自動車の買い取りを利用する前には、車を掃除するなど綺麗にしておきたいですね。ボディに白っぽさを感じたら、ワックスなどを利用して綺麗にすると査定額が上がるかもしれません。査定額がアップすることと艶出しの為の手間とアイテムの費用とを考えてみて、損しないと思ったらやってみましょう。今回は1,000円くらいの出費で、査定額は数万円アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/19 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.