車売る クルサテ|適正なのかどうか

長年乗り続けた愛車を、車検が到来する前に手放すことになりました。若干飽きていたのに加え、新しいクルマに乗りたいという思いが湧いてきたからです。

今までに比べて、最近の流行は低燃費車ですから燃料代もコストが抑えられます。手放す車は高く買い取ってほしい、そういった思いが艶かったので、高く買ってくれそうな業者を調べていました。するとネットの査定比較サイトを使ってから、クルマの売却先を決めているほとんどの方が、その査定額に満足されていることが判りました。これまでは、近くの1社に、査定をお願いするという形が普通でした。しかしそうしてしまうと、伝えられた査定価格が適正なのかどうか、車業界にいない私には判断できません。比較サイトを活用した場合、近くの業者の中から最も高額の査定業者に車買い取りを依頼出来るという手軽さがあります。

さっそく私たちも、年式や車種などを選択して査定をしてもらうよう依頼したところ、腰が抜けるような高額査定となっていたので、ビックリしてしまいました。直ちに連絡して出張してもらって粘り強く交渉したところ、ネットで提示された額とほぼ同じくらいで買い取ってもらえました。ネットで査定をしていなければ、そう考えてしまうと冷や汗が出るくらいです。私の場合、思いもよらぬ高額で売却できたので嬉しかったです。売却となると、決心がつかないという方もおられるでしょうから、まずは車買い取り相場を見てみるところからやってみると良いでしょう。

車売る クルサテ|新車で購入し49か月目ですから

長いこと使ったクルマを手放す時というのはいずれきます。愛おしい気持ちになり、次に乗る車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーのように使っていた軽自動車を売却することになり、今回は乗換ではなくて所有台数を抑えて経費節減をするというのが目的だったので、買い取り専門店にだけ見積もりを出してもらうようにしました。

新車で購入し、49か月目ですから、だいたい4年ということです。4万キロの走行距離で、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車でもありませんし、多いわけでもありません。自動車買い取り査定は2つの業者にお願いし、出張査定してもらいました。査定料はもちろん無料です。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも高い査定会社にお願いしたいと思うでしょう。ですが素人には今の車の買い取り相場が分からないので、2社にお願いすることにし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比べてみたいなと思いました。

先に来た買い取り専門店は、査定をする方が車を一通り確認したのちタブレット端末で、いくつか入力してからネット通信していました。査定結果は70万ちょっと。希望していた額は80万以上でしたので、それを伝えると社長に聞いてみるので明日返事するとのことでした。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、68万円という金額を提示されました。他業者では70万あったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、なかなか難しそうな感じで帰られてしまいました。その直後に最初の査定をしてくれた人から、78万円でどうですかと連絡が来たので、そちらで買ってもらうことにしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/14 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.