車売る アップ|新型の発売に合わせて

新型の発売に合わせて、買い替えのためにマイカーを売ろうと思っていました。当初は購入したディーラーに下取りをお願いしようと思っていましたが、期待した査定額とは離れており、買取専門店と比較すると15万程度も離れた額になりそうでした。

これまで下取りだけしかやっていませんでしたが、相場を知ろうと査定比較サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その金額差に愕然としました。そんなわけで下取りはやらないことにして、専門の買い取り業者に売却しました。

クルマ買い取りのサイトで比べてみたところ、査定金額の差が大きいことが判りました。7社に査定してもらいましたが、30万円~76万円まで金額がバラバラでした。当初は76万円の業者1社にお願いすることも考えましたが、買い取りサイトでは複数の業者に出張査定を受けたほうが良いですよと記載されていました。

複数社で見積もりを出してもらう理由は、査定士さんが目視することで、査定額がハッキリと判ります。サイトでの評価額は判りますが、参考的なものであり確定額ではありません。そこで早速3社に出張依頼をして、来てもらったのです。

売却手続きまで含めて1時間程度と言われたので、土日など休みの日に査定をお願いしました。査定の結果、サイトで表示された概算査定額2位の業者が1位の業者を追い抜き、最高金額を提示してきました。比較サイトでは70万未満の金額でしたが、それ以上の業者があったことを伝えてみると、78万弱までアップしてくれました。

車売る アップ|約70万で購入したのです

買い取りしてもらったクルマは昨年末に中古で買ったクルマです。ずっとスポーツタイプの車に乗ってみたかったのですが、新車は高すぎて買えません。そのため良質の中古車を探しまくっていたら、少し離れたところにある中古車販売のお店にありました。

しかしその後、楽しく乗れたのも少しだけで、トラブルが次々発生し、半年少々で手放したくなりました。まずは近隣の車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、よくて相場以下の20万円らしいです。

このクルマを私は6カ月前に約70万で購入したのです。計算したくもありませんが、6カ月で50万円も資産が減ったことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、友人が売っていた有名な買い取り業者に無料査定を依頼しました。ここでの査定結果は、26万円までアップし買い取ってもらえました。地元と大手とでは6万円の差がありました。

それでも44万減った事実に違いはないのですが、大手で査定してもらわなければ、さらに6万以上安く売ることになっていたかもしれないのですから助けられたとも言えます。

そのまま買い取ってもらうつもりでありましたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、クルマを引き取るような準備をしていなかったようです。そのため、後日取りに来てもらうため輸送費を引かれてしまいました。本当に売るつもりならば、最初から伝えておくべきだったなと反省点として挙げておきます。今度利用する場合には、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.