車売るなら アップル|ソフトに入力していって

長いこと使ったクルマを手放さないといけない時があります。とても悲しい気分になり、だけども次に乗ることになる車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーのように使っていた自動車を売ることになり、今回は買い替えせずに所有台数を抑えて経費の節約を図るというのが目的でしたから、買い取り専門店にだけ査定をしてもらいました。

新車で購入しましたので、最初の車検を通してから1年経過、だいたい4年ということです。走行距離は50,000キロ弱、1年で1万キロ走行ですから、よく走っているとは思いますが、平均的な走行距離です。車の買い取り見積もりは1社では不安なので2社にお願いし、出張査定してもらいました。このような査定料は無料でした。

自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも高い査定会社に売りたいですよね。ですが私のような素人にはこの車の相場がまったく判らないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみようと思いました。

始めに来た業者は、スタッフさんが車の状況を確認してから持ってきたパソコンで、ソフトに入力していってデータ通信されていました。査定結果は70万ちょっと。希望していた額は80万以上でしたので、そのようにハッキリと伝えたら社長に聞いてみるので1日待ってほしいとの事です。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、67万という金額でした。他では70万以上の査定額だったこと、希望が80万円である事を伝えると、当社ではかなり厳しいと撤退されてしまいました。その直後にタイミングよく最初に査定をお願いした会社から、78万なら出せますと連絡がありましたので、喜んでOK出しました。

車売るなら アップル|拒否反応を示す方も

長年乗り続けた愛車を、車検のまえに売却することになりました。マンネリ化もあって、別のクルマで走ってみたいそんな思いが湧いてきたからです。

今までに比べて、低燃費の車種が多くなってきており燃料代の節約にもなります。手放す車は高く買い取ってほしい、心でそう考えていたものですから、高く買ってくれると評判の業者を調べました。すると買い取り比較できるサイトを活用した後で、売却を決めている方の多くが、売却した額に満足しているみたいです。

これまでならば、車買い取り業者一社に絞り、買い取り査定をしてもらうというの標準的だと思っていました。でもそうなると、提示された査定金額そのものが適正なのかどうか、素人である私達には判断が出来ません。でも比較サイトを活用すれば、厳選された買い取り業者の中でも最も高額の査定業者に売る手配ができるといったメリットがあるのです。

早速私も、車種やグレードなど必要事項を入力して査定をお願いしたところ、愕然とするような高い金額の査定となっていたので、ビックリしてしまいました。すぐに業者に連絡して話を伺ってみたところ、簡単査定で表示された額とほとんど同じで買い取ってもらえることになりました。比較サイトを活用していなかったら、そう思っただけでも背筋がゾッとしてしまいます。私の場合、想像できなかった高値で引き取ってもらったので最高です。いきなり売却するのには、拒否反応を示す方も多くいると思われますので、まずは気軽に相場を見てみるところからやってみてはいかがでしょうか。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.