車売るならどこ|買い替えせずに所有台数を抑えて

長年使用した自動車を手放す日はいつか来ます。とても悲しい気分になり、次に来る車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーだった軽自動車を売却することになり、買い替えせずに所有台数を抑えて経費を抑えておこうというのが目的でもあったので、買い取り専門店にだけ査定をしてもらいました。この車は新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり4年経過ですね。4万キロの走行距離で、年間で言えば1万くらいなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、平均的だと思います。クルマの買い取り査定は2社にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。もちろん査定料は無料です。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも査定金額の高い会社に売りたいですよね。でも素人には今の車の買い取り相場というのが分からないので、2社に依頼し、見積もりを出してもらい比べてみたいなと思いました。

最初に来た買い取り会社は、査定をする方が車を一通り確認したのちノートパソコンを持ち出して、チェック項目に入力していってデータ通信しています。査定結果は70万円でした。希望していた額は80万以上でしたので、それを伝えると上司に相談するので1日待ってほしいとの事です。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、68万円という金額を提示されました。他業者では70万あったこと、希望額は80万と言ってみましたが、なかなか難しそうな感じで帰られてしまいました。それからしばらくして最初に査定をお願いした会社から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、そちらで買ってもらうことにしました。

車売るならどこ|どちらもインターネットや

私の住んでいる地域はかなり田舎で、クルマの買い取り専門でやっているお店はありません。引き取ってくれるのは、ディーラーさんか中古車を販売しているお店です。5年くらい乗っていた車を売ってしまったときは、地元のほうが手間がなくていいと考え査定してもらったのです。その査定結果ですが、手入れもしてきた車なのに30万円という査定に悲しくなりました。

そんなわけで、ネットで見つけた査定サイトで見積もりを出してもらったところ、思っていた以上の高額で売ることができラッキーでした。ネットの一括査定の依頼で来てもらうことになった2社は、どちらもインターネットやテレビCMで名前をよく聞く買い取り業者でした。空き時間もそれほどないので、時間を区切って査定に来てもらうことにしました。午後に来られた業者の方は丁寧な応対ができる方で、今このカラーの車を求めている人がいるので査定も頑張りますとアピールしてくれました。気になる査定額は40万円と10万の差もあって、その業者に売却することに決めたのです。そのスタッフさんはとても段取りが良く、輸送できる車でやってきていたのでそのまま持って行ってもらいました。

手間がかかると勝手に思っていましたが、地元で手続きするより断然楽でした。メリットとしては、面倒だった手続き関係はほとんどやってくれるし、比較して10万アップになったし、ネットの一括査定をやって本当に良かったと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/11 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.