車売るならいつ|経費の節約を図るというのが

長い年月使用した車を手放さないといけない時があります。なんだか切ない気分にもなり、次に乗る車が楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーのように使っていた軽自動車を売却することになり、乗り換えるのではなく車の台数を減らすことで経費の節約を図るというのが目的でしたから、中古車買い取りを専門としている業者に買い取りの見積もりをお願いしました。新車で購入し、1回目の車検後1年経過、つまり新車登録から4年経過です。走った距離は約4万キロ、年1万キロペースなので、走行距離としては、普通の走行距離だと思います。自動車の査定は2社にお願いし、全て出張査定でお願いしています。もちろん査定料は無料です。

車を買い取ってもらうなら、少しでも高い査定会社に売りたいと思うと思います。ですが素人には乗っている車の買い取り相場というのが分からないので、2社に依頼し、それぞれの査定見積もりを比較してみようと思いました。最初に来てくれた買い取り業者は、担当者がクルマの状況を確認してからノート型のパソコンを使って、ソフトに入力していってデータ通信されていました。結果は71万円と言われました。私の希望は80万くらいだったので、それをスタッフさんに伝えると本社と交渉するので明日返事するとのことでした。もう1社の方も来て査定していってくれましたが、査定額は68万となりました。他業者では70万あったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、かなり厳しい金額だと帰られてしまいました。その直後に先に査定してくれたスタッフさんから、78万円でどうですかと連絡が来たので、そちらで買ってもらうことにしました。

車売るならいつ|買い取り専門店があったので

就職が決まったお祝いとして、両親に車を買ってもらいました。大学を出て勤めるようになってからは、買ってもらった車に乗って職場へ通勤していました。先日本社への転勤が決まり、クルマの処置をどうするかで困っていました。

都市部以外であれば車は、持っていないと必ず困ります。一転交通網の発達している街中では、自動車がなくてもさして日常生活に支障が出るとは思えません。車を所有すると駐車料金や維持管理費を考えた場合、金銭的な負担が大きくなってしまうので思い切って売ることに決めました。

自宅近くにあった、有名な買い取り専門店のお店があったのでそこを訪れ、査定見積もりをしてもらいました。予想を大幅に下回る値段が示され、凹んでしまったのでその場では申し込まずに、他の車買い取り業者がないか調べてみたのです。

するとネットで査定できるようなので、見積もりを取って貰う事にしました。年式や走行距離事故歴などを入力し検索すると、厳選された複数の買い取り業者が査定額を算出してくれます。一括なので入力は1回すればよく、時間を大きく省けるので便利です。そして調べてみた結果、希望以上の高値だった買い取り専門店があったので、ここに売却することにしました。

最初の査定よりも頂いた金額とは大幅に差があったので、ネットの一括査定サイトを使って本当に良かったと思います。交渉したので、思っていた以上の高額で売れることができました。クルマを売ることがあれば、ネットの査定比較サイトを使ってみることをオススメしたいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.