車下取り 高価jimdoナビ|決定額ではありません

新モデルの登場と時期を合わせて、買い替えのためにマイカーを売却しようと思っていました。買い替え時にディーラーで下取りをお願いしようと思っていましたが、期待していた査定額にはならず、買取専門店と比較すると15万円以上も安い額になっていました。

それまで下取りしか利用したことはなかったですが、はじめて車買い取りの比較サイトを利用して下取りと比較したとき、その金額差に愕然としました。結局ディーラーへの下取りはしないことにして、自動車買い取り店に売ることになりました。

車一括査定サイトで比較してみたところ、査定金額に大きな開きがありました。複数の業者で査定を受けましたが、30~76万まで色々な評価があることがわかりました。最初は76万の業者に売却することを考えましたが、買い取りサイトには3社程度は出張査定を受けたほうが良いですよと書いてあったと思います。

3社で相見積もりを取る理由は、実際のクルマをみてもらうことで、はっきりした査定額が判ります。ネット上で判る査定額は、参考的なものであり決定額ではありません。そこで3社に出張依頼をして、お出でいただいたのです。

査定の時間は1時間もあればとのことでしたから、休日にまとめて査定してもらうことになりました。査定してもらった結果、ネットで表示された査定額2位のお店が1位の業者さんを追い抜いて、一番高い金額を提示してくれました。比較サイトでは70万未満の査定金額だったのですが、それ以上の業者がいることを伝えると、78万弱までアップしてくれました。

車下取り 高価jimdoナビ|しかし44万円のマイナスには

買い取りしてもらったクルマは昨年夏に買ったセコハンです。昔からスポーツタイプの自動車に乗りたいと思っていたのですが、新車は高すぎて買えません。そこで良さげな中古を探しまくっていたら、職場の近くにある中古車販売店にあったのです。

その後ですが、喜んで乗っていたのですが、立て続けにトラブルが発生し、購入から半年ほどで手放したくなりました。近くにある車買い取り業者に無料査定をお願いしましたところ、よくて20万が上限とのことです。

私は約6ヶ月前にこの車を約70万で購入したのです。単純計算では、6カ月で50万円も消化してしまったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、知り合いが売却していた人気の買い取り業者に査定の依頼をしました。ここでの査定結果は、26万円となり引き取ってもらうことになりました。比較した査定をすることで6万円の差がありました。

しかし44万円のマイナスには違いないですし、大手で査定してもらわなければ、さらに6万以上安く売却することになっていた可能性もあっただけに助かります。そのまま引き取ってもらうと思っていましたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、自動車を運ぶような準備をしていなかったようです。ですので、後日取りに来てもらうため輸送費を引かれてしまいました。もし本当に売却したいのなら、はじめからそう言っておけば良かったと反省しています。今度買い取ってもらう時は、そのことも覚えておこうと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/12 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.