車下取り 紹介|苦笑いしていました

これまで使っていた自動車を売ってしまうときが来ます。もの悲しい気分にもなり、そして次のクルマがやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーだった軽自動車を手放す事になり、今回は買い替えせずに台数をへらしてコストを減らそうというのが目標だったので、買い取り専門店にだけ査定をしてもらいました。

中古ではなく新車で購入し、最初の車検を通してから1年経過、だいたい4年ということです。走行距離は50,000キロ弱、年間1万キロ程度なので、過走行車扱いにはなるはずも無く、多いわけでもありません。買い取り査定は2社にお願いし、出張査定してもらいました。このような査定料は無料でした。

誰でも車を売るとなれば、高額の査定をしてくれるところに売りたいと思うと思います。でも素人には自分が乗っている自動車の相場がまったく判らないので、2社に依頼し、見積もりを出してもらい比較することにしました。

最初に来た買い取り会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからタブレット端末で、いろいろな項目に入力しデータ通信しています。査定結果は70万円でした。こちらの希望額は80万ですから、それを伝えると上司に相談するので1日待ってほしいとの事です。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、68万円という金額を提示されました。昨日の査定が70万円だった事、希望が80万円である事を伝えると、うちではその額は難しいと苦笑いしていました。それからしばらくして先に査定してくれたスタッフさんから、78万でどう?と連絡が来ましたので、喜んでOK出しました。

車下取り 紹介|私もそうは休めないので

私が住むエリアはかなり田舎で、車買い取りだけを行っている業者はありません。引き取ってくれるのは、クルマのディーラーか中古車販売しているところです。

5年ほど乗った愛車を売ってしまったときは、手間もないので近くのお店で査定見積もりしてもらいました。その査定結果ですが、手入れもしてきた車なのに30万円という査定に悲しくなりました。

そこで、ネットを使って査定サイトで査定してもらったところ、思っていた以上の高額で売ることができラッキーでした。一括査定依頼で査定を出張でしてもらうことになったのが、すべてが広告やテレビなどで見たことのある中古車買い取りの業者さんでした。私もそうは休めないので、時間差をつけて査定に来てもらいました。

午後からの業者さんは丁寧な応対ができる方で、今このカラーの車を探している人がいるのですぐ買い取りたいと言われました。買い取り額は40万オーバーで10万の差もあって、そこで売ろうとすぐに決断しました。その業者さんは買う気マンマンだったらしく、輸送用のクルマのを手配してやってきていたのでそのまま乗って帰られました。

遠くから呼ぶのもと思っていましたが、地元の業者よりも断然楽でした。なんといっても、面倒な手続きはだいたいやってくれますし、相場以上となる40万となり、ネットの査定依頼をやってみて本当に助かりました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.