車下取り 有利|比較してみようと思いました

長年使用した自動車を売ってしまうときが来ます。愛おしい気持ちになり、次に乗る車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーだった軽を売ることになり、今回は乗換ではなくて車の台数を減らすことで経費の節約を図るというのが目的でしたから、買い取り専門店にだけ見積もりをしてもらいました。新車で買ったので、49か月目ですから、新車登録から約4年です。4万キロの走行距離で、1年で1万キロ走行ですから、よく走っているとは思いますが、平均的な走行距離です。買い取り査定は2社にお願いし、全て出張査定でお願いしています。査定料は無料です。

どなたでも車を買取ってもらうときには、より多くの査定額を提示してくれる会社に売却したいものです。でも素人には乗っている車の相場というのが判らないので、2社にお願いすることにし、それぞれの査定見積もりを比較してみようと思いました。

先に来た買い取り専門店は、担当者がクルマの状況を確認してからタブレット端末で、ソフトに入力していってデータ通信しています。査定結果は70万円でした。こちらの希望額は80万ですから、それを伝えると会社の承認がいるのでチョット待ってほしいといわれました。翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、68万円という金額を提示されました。他社の見積もりの方が高かったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、うちではその額は難しいとバンザイされてしまいました。その直後に最初に査定してもらったところから、78万円でどうですかと連絡が来たので、喜んでOK出しました。

車下取り 有利|やけにボロ車に見えてしまいます

前に乗っていたのは、ボンネットのところが白い感じがしました。ボディの色は濃い目だったのですが、その白い部分が際立ってしまいやけにボロ車に見えてしまいます。洗車も一応しましたが査定に持って行った所、やはりボンネットのあの部分が見積もり査定額に響いてしまうそうです。

カー用品があるお店に行って何とかボディの色を戻すような方法を探したところ、簡単に艶を出す事が出来るアイテムを見つけました。さっそく気になるところをやってみたところ、ボディはとてもきれいになりました。母親から新しく車を買ったのかと言われました。

再度車買い取りの為の無料査定を受けたところ、前回よりも金額がアップしました。年式の古いクルマだったのでどう出るかと思いましたが、思ったよりも高く評価が出てよかったです。勿論ボディの色に関しては何ら指摘される事はありませんでした。白くなりかけていたところも前の色に戻すこともできたし、それまでよりもより一層つややかにする事が出来たから良かったのかなと思います。

車買い取りを依頼する時には、車の艶を出しておくなど綺麗にしておく事をお勧めします。ボディに白っぽさを感じたら、ワックスを使って綺麗にするだけでも査定額が上がるかもしれません。査定額のアップと艶を出すための手間とアイテムの費用とを計算してみて、お得と感じたらやってみるのもアリです。千円くらいの出費があっても、査定額が数万変わるんですからね。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.