車下取り 可能性|クルマの買い取り査定は

長年使用した自動車を売ってしまうときが来ます。寂しい気持ちになり、そして次のクルマが楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーとして所有していた自動車を売却することになり、今回は入れ替えではなくて所有する車の台数を減らして経費の節約を図るというのが目標だったので、買い取り業者にだけ見積もりをしてもらいました。

新車で購入しましたので、最初の車検を通してから1年経過、つまり4年経過ですね。走行距離数は4万キロ、年間1万キロ程度なので、よく走っているとは思いますが、平均的だと思います。クルマの買い取り査定は2社にお願いし、出張査定してもらいました。査定料は無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、高額の査定をしてくれるところに売却したいものです。ですが素人には今の車の相場がまったく判らないので、2社にお願いすることにし、それぞれ査定額を出してもらい比べてみたいなと思いました。

最初に来てくれた買い取り業者は、査定担当者が自動車を見てからパソコンを持ち出して、チェック項目に入力していってネット通信していました。査定額の結果は71万弱。希望していた額は80万以上でしたので、それを伝えると本社と交渉するので帰ってから返事をするとのことです。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、68万円という金額を提示されました。他業者では70万あったこと、希望額は80万と言ってみましたが、当社ではとても難し額ですと苦笑いしていました。その後すぐに最初に査定をお願いした会社から、78万円でどうですかと連絡が来たので、喜んでOK出しました。

車下取り 可能性|大きく省けるので便利です

就職も決まったので、両親に自動車をいただきました。仕事に行くようになってからは、買ってもらった車に乗って通勤していました。ところが本社へ転勤する事が決まり、クルマの処置をどうするかで悩んでいました。

地方であればクルマは、持っていないと必ず困ります。でも電車などが網羅されている都市部においては、車が無くてもさして日常生活に支障とはなりません。さらに駐車場代や維持管理代もバカにならず、金銭的な負担が大きくなってしまうのでここで思い切って売ってしまうことにしたのです。

家の近くにある、有名な買い取り専門店のチェーン店があったのでそこに持ち込んで、査定をお願いしました。予想していたよりも安い査定額がつけられ、ガッカリしてしまったので返答もできずに帰宅したあと、他で高く買ってくれるところを調べることにしました。

するとネットで査定サイトがあるようなので、見積もりを取って貰う事にしました。年式や走行距離事故歴などをマスに入れていくと、いくつかの買い取り業者が査定見積もりを出してくれます。一括査定出来るので、手間や時間を大きく省けるので便利です。早速調べてみたところ、一番の高値を提示してくれた業者さんがいたので、そちらに売却することにしました。

最初の査定よりも得た金額は大幅に差があったので、ネットの査定サイトを利用してとても助かりました。交渉したので、相場よりも高い値段で引き取ってもらえました。クルマを売ることがあれば、ネットの無料一括査定サイトを利用することをお奨めします。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.