車下取り 傷|査定の結果としては

買い取りしてもらったクルマは昨年末に中古で買ったクルマです。4輪駆動の自動車に乗りたいと思ってましたが、新車はとても無理でした。そこで良い中古車はないかと探しまくっていたら、自宅から少し離れた町の中古車販売店にあったのです。しかしその後、楽しく乗れたのも少しだけで、あれもこれもと故障がでてしまい、とうとう半年で買い替えを考えました。職場の近くのクルマ買い取り専門店に無料査定をお願いしましたところ、よく頑張っても20万が上限とのことです。

私はこの車を半年前に70万出して買いました。単純計算では、半年50万程度も減らしてしまったということになります。さすがに安すぎでしょうと思い、友人が売っていた人気の買い取り業者に無料査定を依頼しました。査定の結果としては、26万円までアップし買い取ってもらうことができたのです。2社の比較ですが6万円の差になったみたいです。

それでも44万減った事実に違いはないのですが、大手で査定してもらわなければ、さらに6万以上安く売ってしまうことになっていた可能性もあっただけに助けられたとも言えます。

この状態で持っていくつもりでありましたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、車をもっていくような段取りはされていませんでした。そんなこともあり、後日来てくれた際には別途輸送費がかかってしまいました。もし本気で売却したいのなら、最初から言っておけばよかったと思い直しています。次に利用する時は、その点にも注意したいと思います。

車下取り 傷|どう出るかと思いましたが

前に使っていた自動車は、ボンネット部分がなぜか白っぽくなっていました。ボディの色は濃い目だったのですが、その白い部分が際立ってしまいやけにボロボロな車に見えていました。洗車も一応しましたが査定してもらいに行ったところ、やはりボンネットの白さが査定価格に影響すると聞きました。

ショップに行って何とかボディの色を戻せないか考えていたところ、ボディの艶を出すようなアイテムを見つけました。さっそく気になるところをやってみたところ、ボディはとてもきれいになりました。隣のおじさんには新車にしたのかと言われました。

再度買い取りしてもらうための出張査定見積もりをやったところ、前回とは見違えるくらいアップです。年式の古いクルマだったのでどう出るかと思いましたが、考えていたよりも高く査定してくれたのでよかったです。気にしていたあの部分も影響はなかったようです。白くなりかけていたところも元々の色に戻す事が出来、より一層綺麗にすることが出来たのが良かったようです。

車買い取りを依頼する時には、車を掃除するなどキレイにしておくとよいでしょう。ボディに白っぽさを感じたら、ワックスなどの艶出しで手入れしておけば査定見積もり額にも影響あると思います。査定価格の上昇とつややかにするためのワックスなどの費用とを良く比較してみて、オトクになるようであればやってみるのもアリです。私は1000円の投資で、一括で見ても査定はそれ以上アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.