車下取り 仕訳|この状態で持っていく

売却した車は昨年の暮れに中古で買った車でした。以前から外国産の車に乗りたいと思ってましたが、新車は高すぎて買えません。そこで良い中古車はないかと探しまくっていたら、自宅から少し離れた町の中古自動車販売店で見つけました。

しかし、楽しく乗れたのも少しだけで、次々とトラブルに見舞われ、わずか半年にも満たないほどで手放すことになりました。近くにある中古車買い取り業者に査定を依頼したところ、最大限頑張っても20万円にしかならないというのです。

私は約6ヶ月前にこの車を総額70万で買いました。この状況を端的に言えば、6カ月で50万円も失ったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、友人が売っていた有名な買い取り専門店に査定の依頼をしました。その結果、26万となりましたので買い取ってもらうことになりました。地元と大手とでは6万の価格差がありました。それでも44万減った事実に違いはないのですが、複数社に査定してもらわなければ、さらに6万以上安く売却するはめになったかもと思うと助けられたとも言えます。この状態で持っていくつもりだったのですが、業者さんの思惑と違っていたようで、車を持って行く考えではなかったようです。そういったこともあって、後日来られる際に輸送賃がかかってしまいました。もし本気で売ってしまおうと考えているのなら、ハナから言っておくべきだと思い直しています。次回があれば、そういったことにも気を付けようと思います。

車下取り 仕訳|1時間程度と言われたので

新型モデルの登場と同時に、所有している自動車を引き取ってもらおうと思っていました。買い替え時にディーラーで下取りに出す予定でしたが、想像以上に安い査定額となり、買い取り業者と比べると15万程度も離れた額になっていたのです。

それまで下取りしか利用したことがありませんが、相場を知ろうと査定比較サイトを活用してみて、その金額差におどろきました。結局ディーラーへの下取りはやらないことにして、買い取り専門業者に売ることになりました。

クルマ買い取りのサイトで差を見てみたところ、査定金額の差が大きいことが判りました。7社に査定してもらいましたが、31万円から76万円まで査定額にバラつきがありました。最初は76万の業者に売却しようかと思ったのですが、買い取りサイトでは3社程度は訪問見積もりを受けたほうがいいと記載されていました。

複数の業者に査定してもらう理由は、実際に目視による査定を受けることで、はっきりした査定額が判るからです。サイトでの評価額は判りますが、参考にはなりますが詳細額ではありません。早速複数の買い取り店に連絡を取り、来ていただきました。

査定の時間は1時間程度と言われたので、土日に集中的に査定してもらいました。出張してもらっての査定の結果、ネット査定額2位の査定士さんが1位の業者を追い抜き、最高額の金額を提示してくれました。ネットでは68万円という金額だったのですが、それ以上の業者が存在することを知らせると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/12 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.