車下取り テクニック|この状況を端的に言えば

買い取りしてもらったクルマは1年ほど前に買った中古車です。4輪駆動の自動車に乗ってみたかったのですが、新車は高すぎて買えません。そこで良さげな中古を探しまくっていたら、少し離れたところにある中古車販売店で良い車を見つけました。

しかしその後、乗って楽しかったのは少々、次々とトラブルに見舞われ、購入から半年ほどで買い替えを考えました。試しに自宅の近くにある中古車買い取り業者に持ち込み査定してもらったら、多めに見積もっても20万とのことです。

私は半年前にその車を70万出して買いました。この状況を端的に言えば、半年で50万円も減らしてしまったということになります。これは満足いくわけもないので、少し前に買い取りしてもらった知名度のある買い取り店に査定してもらいました。その結果、26万でしたので買い取っていただきました。複数業者の査定では6万もの差が出たのです。

それでも44万円目減りしたことには変わりないのですが、大手で査定してもらわなければ、それ以上に安く売却するはめになっていたかもと思えばまだ助かったと言えます。

そのまま買い取ってもらうつもりでありましたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、自動車を運ぶような考えではなかったようです。そんなこともあり、後日来てくれた際には輸送賃がかかってしまいました。もしもホントに売却したいのなら、最初から伝えておくべきだったなと反省点として挙げておきます。今度利用する場合には、そのことも覚えておこうと思います。

車下取り テクニック|どこにせよ我が子の旅立ちを思う気分です

珍車を買い取り業者に出したところ、予想以上の高値で買い取ってもらえました。思った以上でかなり高額で売れたのです。売れているクルマや人気のあった車が高くなると思っていたのですが。ネットで調べてみたところ、そこの情報では予想に反して、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取ってくれるとありました。他のページもチェックしてみると、よく見かけるような車や人気車種が高値で買い取ってもらえるそうです。でも条件も書いてあって海外向けとのことでした。今日本の車は海外で高い需要があるようです。日本人特有の、物を大切に取り扱う習慣も影響しているのでしょう。私は日本人ですが、日本のクルマは世界で一番と絶大な信頼を置いています。

買い取ってもらった自動車も日本製の車ですが、これはもしかすると外国に持って行くのかもしれないなと妄想するとドキドキした感じになりました。それが国内であっても使用してもらえるのなら嬉しいです。

車を売るときは、乗り慣れた車を手放す悲しさもありますが、高値の買い取りや次の乗り手を思い浮かべるのも好きです。できるのならどなたが乗ることになるのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、どんな場所で毎日いるのかなど、車買い取りの後もよく考えます。海外か国内かもわかりませんが、どこにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。車を渡す時には中古車を購入したいと思っている人がいて、欲しいと不要がバランスよくなっているのでしょう。

この日本において、今後も自動車が必要としている人に渡っていくでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.