車下取り相場|昨日の査定が70万円だった事

これまで使っていた自動車を手放す時というのはいずれきます。寂しい気持ちになり、次に来る車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーとして所有していた軽自動車を手放す事になり、乗り換えるのではなく所有する車の台数を減らして経費を抑えておこうというのが目的でしたから、買い取り専門店にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。

この車は新車で購入し、49か月目ですから、だいたい4年ということです。走行距離はだいたい40000キロ、年間で言えば1万くらいなので、走行距離としては、特にマイナス要因はありません。買い取り査定は2つの業者にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。査定料はもちろん無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも高く見積もってくれるところに売却したいものです。ですが素人には自分の乗っていた自動車の買い取り相場が分からないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみることにしました。

最初に来てもらった会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからタブレット端末で、色々と入力しデータ通信しています。結果は71万円と言われました。私の希望は80万くらいだったので、その旨を伝えると会社の承認がいるので帰ってから返事をするとのことです。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、68万円という金額を提示されました。昨日の査定が70万円だった事、私の希望額は80万と伝えてみたけど、当社ではかなり厳しいと苦笑いしていました。その後すぐに最初の査定をしてくれた人から、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、そこで決めました。

車下取り相場|早速複数の買い取り店に連絡を取り

新型の登場とともに、今のクルマを売ろうと思っていました。載っていた車はディーラーに下取りに出す前提でしたが、査定額は期待していたよりも少なく、車査定買者とくらべてみても15万円位安い見積もりになっていました。

これまで下取りだけしか利用したことがありませんが、相場を知ろうと査定比較サイトを活用してみて、その査定額の差にビックリしました。こういった現実を知った以上下取りは依頼しないことが決定し、買い取り専門業者に売ることになりました。

クルマの一括査定サイトなどで差を見てみたところ、査定金額に大きな開きがありました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、32万~76万まで金額にバラつきがあったのです。初めは一番高い額の買い取り業者に売ることを考えましたが、買い取りサイトには2-3社には立会で見積もりをしてもらったほうがいいと記載されていました。

複数の業者に査定してもらう理由は、実際に観てもらうことて、本当の査定額がわかるからだそうです。ネット上では概算は判りますが、目安でしかなく詳細は実車しだいです。早速複数の買い取り店に連絡を取り、来てもらったのです。

出張査定の時間は1時間くらいと言われていたので、休日にまとめて査定をお願いしました。目視での査定の結果、ネット査定額2位だった業者が1位の業者を追い抜き、最高額の見積もりを提示してくれました。ネットでは70万を切った金額でしたが、それよりも高い査定の業者があったことを伝えてみると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.