車下取り価格一覧|手放すことになったかもと思うと

売却した車は昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツタイプの車に乗りたいと思っていたのですが、お財布の都合で新車は無理でした。そこで良い中古車はないかと探しまくっていたら、家から離れたところの中古車販売店で良い車を見つけました。

ところが、楽しく乗れたのも少しだけで、次々とトラブルに見舞われ、半年少々で売ってしまうことになりました。まずは近隣の中古車買い取り業者に査定を依頼したところ、よくて20万が上限とのことです。

私は半年前にその車を70万円で購入しました。これを計算すると、約50万円を半年で失ったことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、以前車買い取りをしてもらった有名な買い取り専門店に無料査定を依頼しました。ここでの査定結果は、26万円までアップし買い取ってもらうことになりました。2社の比較ですが6万円の差になったみたいです。とはいえ40万円以上目減りしたことに違いないですし、2社目で査定してもらってなければ、6万円損した感じで手放すことになったかもと思うと助かります。

この状態で持っていくつもりになっていましたが、査定のみのつもりだったみたいで、クルマを引き取るような準備をしていなかったようです。ですので、後日来られたときには輸送賃がかかってしまいました。もし本当に売却するつもりならば、はじめからそう言っておけば良かったと後悔しています。今度買い取ってもらう時は、そういったことにも気を付けようと思います。

車下取り価格一覧|どう出るかと思いましたが

これまで乗っていたクルマは、ボンネットの一部分が白くなっていました。濃い色のボディの車だったのですが、その白くなっているのが影響してオンボロ車のように感じるのです。洗車も一応しましたが買い取り査定してもらうと、ボディの一部の色が見積もり査定額に影響があると言われました。

カー用品があるお店に行って何とかボディの色を戻すような方法を探したところ、艶を出すことができる商品がありました。ボンネットのあの部分にやってみたところ、とてもピカピカになったのです。隣のおじさんには新車にしたのかと言わせるほどです。

再度買い取りしてもらうための査定を受けた所、前回よりはるかに高額になりました。古いものでもありましたからどう出るかと思いましたが、想像以上に高く見てもらえたので嬉しかったです。勿論ボディの色に関しては影響はなかったようです。白っぽく感じた色も周りに同化できているし、より一層キレイな感じにすることができたのが嬉しかったです。

クルマを売る前には、ボディを磨いておくなど綺麗にしておかないといけませんね。ボディに白っぽさを感じたら、ワックスで磨いておくだけでも査定額が上がるかもしれません。査定額がアップすることと艶出しの為のワックスなどの費用とを考えてみて、損しないと思ったらキレイにするのもありですね。私の場合は1000円弱の出費によって、数万円の査定アップになりました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.