中古車 goo|私達には判断が付きませんでした

長年乗り続けた愛車を、もうすぐ来る車検のまえに手放すことになりました。乗り慣れすぎたというのもあって、新しいクルマに乗りたいといった感じが思いのほか沸きあがってきたからです。

以前とは違い、低燃費の車種が多くなってきておりガソリン代も食いません。できるだけ車を高く売りたい、そう思っていたので、高く買ってくれそうな業者を調べていました。すると比較サイトを使った後で、実際に車を買い取って貰った方の殆どが、そこで出された査定額に満足されていることが判りました。

これまでは、クルマの買い取り専門店1社に出向き、査定をお願いするという形が普通でした。でもそれだと、提示された査定金額そのものが適切なのか、私達には判断が付きませんでした。でも比較サイトを活用すれば、厳選された買い取り業者の中でも最も高額の査定業者に売る手配ができるといった効果があるのです。

早速私も、車種や年式や色などを入力して複数業者に査定を依頼してみたところ、腰が抜けるような高額査定となっていたので、ビックリするしかありません。直ぐに連絡を入れ交渉したところ、ネット査定額と殆ど変わらない金額で売ることができました。一括査定サイトを使っていなければ、そう考えただけでも背筋がゾッとしてしまいます。

私の場合ですが、想像できなかった高値で引き取ってもらったので最高です。いきなり車の売却というと、決心がつかないという方もおられるでしょうから、まずはクルマの相場をチェックしてみるところからやってみましょう。

中古車 goo|もらうことになりました

今回売却した自動車は少し前に中古で買った車でした。ずっとスポーツタイプの車に乗ってみたいと思いましたが、新車は高すぎて買えません。そのため中古で良質な車を探していたところ、家から離れたところの中古車販売店にあったのです。しかしその後、楽しく乗れたのも少しだけで、次々と予想外の問題があり、わずか半年にも満たないほどで手放すことになりました。職場の近くの車買い取りショップに無料査定をお願いしましたところ、よくて20万が上限とのことです。

私は半年前にその車を70万出して買いました。この状況を端的に言えば、半年で50万円も減らしてしまったということになります。さすがに安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった大手の買い取り業者に査定してもらったのです。査定の結果としては、26万円までアップし買い取ってもらうことになりました。複数業者の査定では6万の差が生まれるようです。

それでも44万円目減りしたことには違いはありませんが、大手で査定してもらわなければ、さらに6万円も安く売却するはめになっていた可能性もあっただけにまだ助かったと言えます。

そのまま持って行ってもらうつもりでありましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、車を持って行く準備をしていませんでした。そのため、後日来られたときには別途輸送費がかかってしまいました。もし本気で売るつもりならば、最初に言っておくべきだったと後悔しています。次回があれば、そのことも覚えておこうと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/14 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.