中古車 6月|車をもっていくような

今回車買い取りをしてもらった車は昨年夏に買ったセコハンです。昔からスポーツタイプの自動車に乗ってみたいと思いましたが、お財布の都合で新車は無理でした。そのため良質の中古車を探していたところ、自宅から少し離れた町の中古車屋さんで見つかりました。

ところが、喜びもつかの間、立て続けにトラブルが発生し、わずか半年にも満たないほどで手放したくなりました。まずは近隣の自動車買い取り業者に持ち込み査定してもらったら、せいぜい20万が上限とのことです。

私は半年前にその車を70万出して買いました。これを計算すると、半年間で約50万も減らしてしまったということになります。さすがに安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった知名度のある買い取り店に査定してもらいました。その結果、26万でしたので買い取ってもらうことができました。わずか2社の比較でしたが6万円の差がありました。

それでも44万円目減りしたことには違いはありませんが、2社目で査定してもらってなければ、さらに6万円も安く売ってしまうことになっていたかもしれないのですから助かります。このまま買い取りしてもらうつもりになっていましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、車をもっていくような考えではなかったようです。そんなこともあり、後日来てくれた際には輸送料として減額されてしまいました。もし本気で売るつもりならば、はじめからそう言っておけば良かったと後悔しています。次回があれば、その点にも注意したいと思います。

中古車 6月|手続きなどは簡単に

それまで乗っていた車を買い替えようと思いました。私は車を買い替える時はディーラーに下取りをやってもらえばよいと思っていますが、実際にはそれ以外の方法もあるらしいとこのとき知りました。それが買い取り専門業者でした。

ただ初めての事だったので、どうしたらよいのかわかりません。ネットを使って調べながら、手続きを進めました。まずはよく見る一括査定のサイトを決めることにし、査定サイトを調べ、そこから査定依頼をしました。その結果をもとに、実際に来てもらう業者をどうするのか家族で相談したのも覚えています。

今までにも兄弟が車を買い替えている様子は見ていたので、どれくらいの交渉の後で下取りされていたかは判っています。私が愛用していた車の走行距離や年式車体の状態などから、それほどは高く見積もりしてくれるワケないと思っていましたが、実際は違っていました。思っているよりも遥かに高額査定となりました。

もしも下取りだったらどんな結果になるのか、ディーラーまで行って聞いてきました。その査定額は、車買い取り専門店2社と同程度でした。しかしそれ以上の査定額で買い取ってくれる業者があったので、その業者に引き取ってもらうようにお願いしました。

初めての体験でしたが、一つずつ進めて行けば、手続きなどは簡単に進められました。高額で買い取ってもらうことができたので、次の愛車を購入する時の出費に充てることができたので私としては大満足です。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/19 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.