中古車 釣り仕様|結局ディーラーへの下取りは

新型モデルの登場と同時に、旧型の愛車を売ろうと思っていました。載っていた車はディーラーに下取りに出す前提でしたが、期待していた査定額にはならず、クルマの買い取り店と比べると15万円も安い金額になるところでした。

今までは下取りしか利用していませんでしたが、はじめて車買い取りの比較サイトを活用してみて、その価格差に驚いたものです。結局ディーラーへの下取りは依頼しないことが決定し、自動車買い取り店に売ることになりました。

車一括査定サイトで比べてみたところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、30~76万まで金額がバラバラでした。初めは一番高い額の買い取り業者に売ることを考えましたが、買い取りサイトをよく見てみると複数の業者に訪問見積もりを受けたほうがいいと書いてありました。

3社での見積もりが必要な理由は、実際に観てもらうことて、確定の査定額が判るからですね。ネット上でも概算額はわかりますが、参考にはなりますが確定額ではありません。早速複数の買い取り店に連絡を取り、来ていただきました。

売却手続きまで含めて1時間くらいと言われていたので、土曜か日曜にまとめて査定をお願いしました。目視での査定の結果、概算査定額2位だった業者が1位の業者を追い抜き、最高の査定額を提示してきました。サイト内では70万を下回る金額だったのですが、5万以上高い業者が存在することを知らせると、78万円まで増額してくれたのです。

中古車 釣り仕様|査定価格の上昇と

これまで乗っていたクルマは、ボンネットの目立つ部分が白い感じがしました。濃い色の車だったのですが、その白い部分が際立ってしまいやけにボロボロな車に見えていました。洗車をしてから査定をやってもらうと、やはりボンネットの白さが査定額に影響を与えるという事を聞きました。

カーショップのようなところに行って何とかボディの色を戻す事は出来ないか見ていた所、ボディに艶が出るような商品を店員さんに教えてもらいました。ボンネットのあの部分にやってみたところ、ボディはとてもきれいになりました。友人にはプロにやってもらったのかと言われた程です。

もう一回無料査定を受けたところ、思いのほか高額査定となりました。古めの車なのでどうなってしまうのかと思っていましたが、考えていたよりも高く査定してくれたのでよかったです。勿論ボディの色に関しては影響はなかったようです。白っぽかったあの部分も周りに同化できているし、より一層キレイな感じにすることができたのが嬉しかったです。

クルマの査定を受ける前には、車を掃除するなどきれいに見えるようにしておきましょう。ボディに白っぽさを感じたら、ワックスを使って綺麗にするだけでも相場以上の査定になるかもしれません。査定価格の上昇とピカピカにするための手間とアイテムの費用とを比較するなどして、オトクになるようであれば手入れするのも良いと思いませんか。私の場合は1000円弱の出費によって、一括で見ても査定はそれ以上アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.