中古車 輸入車|長い年月使用した車を

長い年月使用した車を手放すことになる日は必ず来ます。寂しい気持ちになり、次に来る車が楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーとして所有していた自動車を売ることになり、今回は乗換ではなくて車の台数を減らすことでコストを減らそうというのが目的でもあったので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もりをしてもらいました。新車で買ったので、初回の車検をやってから1年だから、だいたい4年ということです。4万キロの走行距離で、年間で言えば1万くらいなので、過走行車でもありませんし、普通の走行距離だと思います。自動車の査定は2社にお願いし、出張での査定をお願いしました。もちろん査定料は無料です。自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも査定金額の高い会社に売りたいものです。ですが私には自分の乗っていた自動車の買い取り相場というのが分からないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれの査定見積もりを比べてみることにしました。先に来た買い取り専門店は、担当者がクルマの状況を確認してから持ってきたパソコンで、チェック項目に入力していって通信をしていたようです。査定結果は70万円でした。こちらの希望額は80万ですから、それを伝えると社長に聞いてみるので1日待ってほしいとの事です。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、66万円という査定額でした。他業者では70万あったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、かなり厳しい金額だと帰られてしまいました。その後すぐに先に査定してくれたスタッフさんから、78万なら出せますと連絡がありましたので、喜んでOK出しました。

中古車 輸入車|クルマの買い取り店と比べると

お気に入りの車種の新モデルと同時に、旧型の愛車を売ろうと思っていました。当初は購入したディーラーに下取りに出す前提でしたが、期待した査定額とは離れており、クルマの買い取り店と比べると15万くらい安くなるところでした。

それまで下取りしかやっていませんでしたが、相場を知ろうと査定比較サイトを活用して下取りと比べたとき、その金額の違いに驚きました。そんなわけで下取りはしないことにして、自動車買い取り店に売却する話となりました。車買い取りサイトで比べてみたところ、査定額にものすごい差がありました。8社で査定を受けたのですが、31万円から76万円まで色々な評価があることがわかりました。最初は76万の業者に売却することを考えましたが、買い取りサイトを参照すると少なくとも3社とは無料の出張査定をしたほうがよいと記載されていました。

複数の業者に査定してもらう理由は、査定士さんが目視することで、本当の査定額が判るからだと思います。ネット上で判る査定額は、目安的なものであり詳細は車によって異なります。そこで複数の業者に連絡をして、来てもらうことにしました。

査定から売却手続きまでは1時間位らしいので、休日にまとめて査定してもらうことになりました。査定してもらった結果、ネットで表示された査定額2位のお店が1位の業者さんを上回り、最高金額を提示してくれたのです。サイト内では70万を下回る金額だったのですが、それよりも高い査定の業者がいることを伝えると、78万弱までアップしてくれました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/16 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.