中古車 車選|査定額にバラつきがありました

新型モデルの登場と同時に、所有している自動車を乗換のため売却しようと思っていました。当初は購入したディーラーに下取りに出す前提でしたが、期待していた査定額にはならず、買い取り業者と比べると15万円も安い金額になっていたのです。

今までは下取りしか利用したことはなかったですが、初めて無料の一括査定サイトを活用して下取りと比べたとき、その金額差に愕然としました。結局ディーラーへの下取りは依頼しないことが決定し、自動車買い取り店に売却しました。クルマ買い取りのサイトで比較してみたところ、査定金額に大きな開きがありました。複数の業者で査定を受けましたが、30万円~76万円まで査定額にバラつきがありました。初めは一番高い額の買い取り業者に依頼する事も考えたのですが、買い取りサイトをよく見てみると複数の業者に出張見積りを受けたほうが良いと書いてありました。

複数社で見積もりを出してもらう理由は、目視による査定をしてもらうことで、本当の査定額が判るからだと思います。ネット上では概算は判りますが、目安的なものであり詳細額ではありません。そこで3社に出張依頼をして、来てもらったのです。出張査定の時間は1時間位らしいので、土曜か日曜にまとめて査定してもらいました。査定してもらった結果、概算査定額2位のお店が1位の業者を追い抜き、最高額の金額を出してくれました。ネットでは70万を超えない金額でしたが、それ以上の業者が存在したことを匂わしてみると、78万弱までアップしてくれました。

中古車 車選|思ったよりも高く

以前乗っていた車は、ボンネット部分がなぜか白っぽくなっていました。濃い色の車だったのですが、白い部分が妙に目だちオンボロ車のように見えてしまうのです。クルマを洗ってみましたが査定してもらいに行ったところ、ボンネットのところの色が買い取り査定額に影響すると聞きました。

ショップに行ってボンネットの色を戻す方法はないか見ていたら、簡単に艶を出す事が出来る商品を店員さんに教えてもらいました。ボンネットのあの部分にやってみたところ、驚くほどキレイになりました。友人にはいくらかかったと言わせるほどです。再度買い取りしてもらうための出張査定見積もりをやったところ、思いのほか高額査定となりました。年式の古いクルマだったのでどんな結果になるのか心配でしたが、思ったよりも高く評価されました。勿論ボディの色に関しては何ら指摘される事はありませんでした。白くなってしまっていたところも基の色に近づけることができ、これまでよりもそれ以上にピカピカにすることが出来たから良かったのかなと思います。クルマの査定を受ける前には、車を掃除するなど綺麗にしておきたいですね。ボディの艶がないときなどは、ワックスなどの艶出しで手入れしておけば相場以上の査定になるかもしれません。査定額がアップすることとピカピカにするための手間などを計算してみて、得な気がしたらやってみるのもアリです。千円くらいの出費があっても、査定額が数万変わるんですからね。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/08/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.