中古車 車両保険|影響を与えるという事を聞きました

前に乗っていたのは、ボンネットがなぜか白くなっていました。ボディの色は濃い目だったのですが、その白っぽさが影響しているのかボロボロの中古車に見えていました。洗車をしてから査定をやってもらうと、やはりボンネットのあの部分が査定金額に影響を与えるという事を聞きました。

カーショップのようなところに行ってボンネットの色を戻すような方法を探したところ、艶を出すことができるグッズを見つけることができました。すぐにそれを使ってみたところ、とても綺麗になりました。それを見た人から新しく車を買ったのかと言われました。

再度買い取りしてもらうための査定を受けた所、思いのほか高額査定となりました。年式の古いクルマだったのでどんな結果になるのか心配でしたが、考えていたよりも高く評価されました。気にしていたあの部分も影響はなかったようです。白く感じたボンネットも元々の色に戻す事が出来、それまでよりも綺麗にすることが出来ました。クルマを売る前には、できるだけボディを綺麗にしておく事をお勧めします。ボディの輝きが気になるときは、ワックスで磨いておくだけでも査定金額に影響するかもしれません。査定額がアップすることと艶を出すための手間などを比較するなどして、お得そうだったらきれいにするのも良いでしょう。今回は1,000円くらいの出費で、数万円の差が出るならいいですよね。

中古車 車両保険|財産が目減りしたことになります

売却した車は1年ほど前に買った中古車です。昔からスポーツタイプの自動車に乗りたいと思っていたのですが、新車では高くて手が出ません。そこで良い中古車はないかと探していたところ、家から離れたところの中古車販売店で良い車を見つけました。

ところが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、トラブルが次々発生し、購入から半年ほどで手放したくなりました。近くにあるクルマ買い取り専門店に無料査定をお願いしましたところ、せいぜい相場以下の20万円らしいです。この自動車は半年前に約70万で購入したのです。単純に計算すると、6カ月で50万円も財産が目減りしたことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、前に車買い取りを依頼したこともある大手の買い取り業者に査定してもらいました。ここでの査定結果は、26万円までアップし買い取ってもらうことになりました。地元と大手とでは6万の差が生まれるようです。

それでも44万円減ったことには変わりないのですが、2社で査定しなかったら、6万円損した感じで売却することになった可能性があったのですから助かったともいえます。

そのまま引き取ってもらうつもりになっていましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、車をもっていくような段取りはされていませんでした。そういったこともあって、後日来られる際に輸送料として減額されてしまいました。本当に売却するつもりならば、最初から伝えておくべきだったなと反省点として挙げておきます。次回があれば、そのあたりも忘れないようにします。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.