中古車 行政書士|走行距離としては

今まで使わせてもらった車を手放すことになる日は必ず来ます。愛おしい気持ちになり、次に乗る車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーだった自動車を売却することになり、買い替えせずに所有台数を減らして経費を抑えておこうというのが目的でもあったので、中古車買い取り店にだけ見積もりを出してもらうようにしました。

中古ではなく新車で購入し、車検を1回と1年だから、つまり新車登録から4年経過です。4万キロの走行距離で、年間1万キロ程度なので、走行距離としては、特にマイナス要因はありません。クルマの買い取り査定は2社に絞ってお願いし、出張での査定をお願いしました。このような査定料は無料でした。

誰でも車を売るとなれば、少しでも高い査定会社に売却したいものです。ですが素人には自分が乗っている自動車の査定相場がわかりませんので、2社に一括でお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較することにしました。

最初に来た買い取り会社は、スタッフさんが車の状況を確認してからパソコンを持ち出して、色々と入力し送信していました。査定結果は70万円でした。こちらの希望額は80万ですから、そのようにハッキリと伝えたら社長に聞いてみるので帰ってから返事をするとのことです。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、査定額は68万となりました。別会社の査定額が高かったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、かなり厳しい金額だと白旗を挙げられてしまいます。その後すぐに最初の査定をしてくれた人から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、喜んでOK出しました。

中古車 行政書士|書いてあったと思います

新型の登場とともに、旧型の愛車を売却しようと考えていました。初めは購入したディーラーで下取りに出す前提でしたが、査定額は期待していたよりも少なく、クルマの買い取り店と比べると15万円位安い見積もりになっていたのです。

今まで買い取り業者とかは利用しようとも思いませんでしたが、相場を知ろうと査定比較サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その金額差におどろきました。こういった現実を知った以上下取りはしないことにして、買い取り専門店に引き取ってもらうことにしました。

車一括査定サイトで比較検討したところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。8社で査定を受けたのですが、30万円~76万円まで金額がバラバラでした。一番高値の専門業者に売ることを考えましたが、買い取りサイトをよく見てみると少なくとも3社とは出張査定を受けたほうが良いですよと書いてあったと思います。

複数社で見積もりを出してもらう理由は、実際に目視による査定を受けることで、本当の査定額が判るからですね。サイトでは概ねの金額は判りますが、目安的なものであり決定額ではありません。そのため出張依頼を3社にして、自宅まで来てもらうことにしたのです。

査定に必要な時間は約1時間と聞かされていましたので、土曜か日曜にまとめて査定してもらいました。目視での査定の結果、サイトで表示された概算査定額2位のお店が1位の業者を追い抜き、最高の査定額を提示してくれたのです。比較サイトでは70万未満の価格でしたが、それよりも高い査定の業者がいることを伝えると、78万になったのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/10 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.