中古車 利益|意外でしたが珍しい車は高値で

珍しいクルマを買い取りに出したら、かなりの高額で買ってもらえました。考えていた以上でかなり高額で売れたのです。認知度が高いクルマや人気のある車が高いものと思っていました。

ネットで調べてみたところ、そのページに書かれていた内容では意外でしたが、珍しい車は高値で売れやすいと書いてありました。他のページもチェックしてみると、よく見かけるような車や人気のあるクルマが高く売れるとあったのです。それは国内ではなく特に外国においての話でした。

今日本の車は海外では人気が高いです。日本人の特徴でもある、丁寧に乗っているだろうということもその理由のようです。私が思うに、日本の車は世界一と信頼を置いています。今回の買い取り依頼した車も国産の車ですが、もしかすると外国で使ってもらえるのかもと思ってみるとドキドキした感じになりました。もちろん国内で活かされるのなら嬉しいですね。

車を売るときは、そのクルマを失う悲しさもありますが、買い取り額がいくらになるのかや次の運転手を想像する楽しさがあります。できるのなら誰が使っているのか知りたいです。今どこを走り、どこにいるのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

海外か国内かもわかりませんが、何れにせよ可愛がっていた車なのです。クルマを手離すときにはクルマを買いたいと思うお客さんがいて、売りと買いのバランスがなっているのでしょう。

この日本において、今後も自動車が欲しい人に譲られていくでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々思いを巡らせてみました。

中古車 利益|ノートパソコンを持ち出して

長い年月使用した車を売ってしまうときが来ます。寂しい気持ちになり、だけども次に乗ることになる車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーとして所有していた軽自動車を手放す事になり、今回は買い替えせずに所有台数を減らして経費節減をするというのが目的でしたから、中古車買い取りを専門としている業者に見積もりを出してもらうようにしました。

中古ではなく新車で購入し、最初の車検を通してから1年経過、つまり新車登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、1年で割れば10,000キロ程度ですから、走行距離としては、多いわけでもありません。自動車の査定は2つの業者にお願いし、出張での査定をお願いしました。査定料は無料です。

車を買い取ってもらうなら、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいですよね。ですが私のような素人には今の車の買い取り相場が分からないので、2社にお願いすることにし、見積もりを出してもらい比較してみようと思いました。

始めに来た業者は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノートパソコンを持ち出して、いろいろな項目に入力しデータ通信されていました。査定結果は70万円でした。希望していた額は80万以上でしたので、そのように伝えてみると本社と交渉するので1日お待ちくださいとのこと。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、66万円という査定額でした。他業者では70万あったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、当社ではかなり厳しいと白旗を挙げられてしまいます。その直後に最初の査定をしてくれた人から、78万なら出せますと連絡がありましたので、そこで決めました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/14 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.