中古車 人気|利用して見たところ

新型の登場とともに、買い替えのためにマイカーを売却しようと思っていました。最初は購入時にディーラーで下取ってもらう予定でしたが、思いのほか安かったし、買い取り業者と比べると15万くらい安くなっていました。

それまで下取りしか利用していませんでしたが、初めて査定比較サイトを利用して見たところ、その金額の違いに驚きました。結局下取りは依頼しないことが決定し、自動車買い取り店に売ることになりました。

車買い取りサイトで確認してみたところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。7社に査定してもらいましたが、31万円から76万円まで金額にバラつきがあったのです。最初は76万の業者にお願いすることも考えましたが、買い取りサイトには3社程度は立会で見積もりをしてもらったほうがいいと記載されていました。

複数の業者に査定してもらう理由は、実際のクルマをみてもらうことで、査定額がハッキリと判るからです。サイトでは概ねの金額は判りますが、目安でしかなく詳細額ではありません。そこで複数の業者に連絡をして、自宅まで来てもらうことにしたのです。査定に必要な時間は1時間もあればとのことでしたから、土日に集中的に査定してもらいました。査定してもらった結果、ネットで表示された査定額2位の査定士さんが1位の業者さんを上回り、最高の査定額を提示してくれたのです。ネットでは68万円という金額でしたが、5万以上高い業者があったことを伝えてみると、78万まで増額してくれたのです。

中古車 人気|つもりでしたが業者さんとの意思疎通が図れていなくて

売却した車は昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツタイプの車に乗りたいと思ってましたが、新車は高すぎて買えません。そこで良い中古車はないかと探していたところ、職場の近くにある中古車屋さんで見つかりました。

しかし、楽しく乗れたのも少しだけで、次々と予想外の問題があり、とうとう半年で買い替えを考えました。家の近くのクルマ買い取り専門店に持ち込み査定してもらったら、せいぜい20万とのことです。

私は約6ヶ月前にこの車を70万出して買いました。これを計算すると、半年50万程度も消化してしまったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、知り合いが売却していた有名な買い取り業者に無料査定を依頼しました。その結果、26万円までアップし買い取ってもらうことができたのです。比較した査定をすることで6万円の差がありました。

それでも44万円目減りしたことには違いはないのですが、2社で査定しなかったら、6万円低い額で売却することになったかもと思うと助けられたとも言えます。

この状態で持っていくつもりでしたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、車を持って行く考えではなかったようです。そんなこともあり、後日来られたときには別途輸送費がかかってしまいました。もし本気で売ってしまおうと考えているのなら、最初から伝えておくべきだったなと後悔しています。次の車を買い取ってもらうときには、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/12 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.