中古車 メーカー|その白い部分が際立ってしまい

前に乗っていた車は、ボンネットが白くなっていました。濃い色の車だったのですが、その白い部分が際立ってしまいボロボロの中古車に見えていました。クルマを洗ってみましたが査定してもらいに伺ったところ、ボンネットの白さが見積もり査定額に影響があると言われました。

ならばとカーショップに行ってボンネットの白色を戻す方法はないか見ていたら、簡単に艶を出す事が出来る商品がありました。ボンネットのあの部分にやってみたところ、とても綺麗になりました。隣のおじさんには新車にしたのかと言われた程です。

再び買い取りのための査定を受けた所、前回よりはるかに高額になりました。古めの車なのでどう出るかと思いましたが、思いよりも高く評価されたので良かったです。気になっていた部分も何ら指摘される事はありませんでした。白くなりかけていたところも周りに同化できているし、今まで以上にピカピカにすることができたのが嬉しかったです。クルマを売る前には、車の艶を出しておくなど綺麗にしておかないといけませんね。ボディに白っぽさを感じたら、ワックスで磨いておくだけでも査定額に変化が出る事も有ります。査定価格の上昇と艶を出すためのアイテムの費用とを比較してみて、得な気がしたらやってみるのもアリです。今回は1,000円くらいの出費で、査定額は数万円アップしました。

中古車 メーカー|売却した時急いでいたこともあり地元で

私のいるところはかなり田舎で、自動車の買い取りだけを行っている業者はありません。買い取りできるのでは、車のディーラーかガススタンドくらいです。

5年ほど乗った愛車を売却した時、急いでいたこともあり地元で査定してもらったのです。ですが、大切に乗ってきた車でしたが30万ほどの見積もり額に愕然としました。

そんなわけで、ネットで見つけた査定サイトで算定してもらったところ、思っていた以上の高額で買い取ってもらえました。ネットの一括査定の依頼で査定をお願いすることになった2社は、すべてが広告やテレビなどで名の売れた自動車買い取り店でした。そうそう休めないので、午前と午後に1社ずつ実車査定をしてもらったのです。

午後に来てくれた業者のスタッフが活気のある方で、この車種でこのボディカラーを欲しいという人がいるのでぜひ買い取らせてもらいたいとアピールしてくれました。査定の結果は40万円と10万程度のアップでしたから、その方に売却しようと即決しました。その方は買って帰る気があったのか、輸送用のクルマのを手配して来られていたみたいでそのまま持っていかれました。

遠くから来てもらってもと思っていたのですが、地元で手続きするよりも断然楽でした。メリットとしては、手続きなどはだいたいやってくれますし、その上売却価格も10万円アップし、ネットの査定サイトを活用してとってもお得だったと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.