中古車 ポップ|チョット待ってほしいといわれました

長いこと使ったクルマを手放す日はいつか来ます。とても悲しい気分になり、そして次のクルマが楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーとして所有していた自動車を売却することになり、買い替えせずに台数をへらしてコストを減らそうというのが目標だったので、買い取り業者にだけ見積もり査定をお願いしました。

中古ではなく新車で購入し、最初の車検を通してから1年経過、つまり初回登録から4年経過です。走行距離数は4万キロ、年間で言えば1万くらいなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、平均的だと思います。自動車の査定は2社にお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料はもちろん無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいものです。ですが私のような素人には今の車の相場というのが判らないので、2社に一括でお願いし、見積もりを出してもらい比べてみることにしました。

最初に来てくれた買い取り業者は、スタッフさんが車の状況を確認してからノート型のパソコンを使って、チェック項目に入力していってデータ通信しています。査定価格は71万でした。私の希望は80万くらいだったので、それをスタッフさんに伝えると会社の承認がいるのでチョット待ってほしいといわれました。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、66万円という査定額でした。他では70万以上の査定額だったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、当社ではかなり厳しいと白旗を挙げられてしまいます。それからしばらくして先に査定してもらった業者から、78万でどう?と連絡が来ましたので、喜んでOK出しました。

中古車 ポップ|ワックスで磨いておくだけでも

以前乗っていた車は、ボンネットの一部分がなぜか白っぽくなっていました。濃い色の車だったのですが、その白い部分が際立ってしまいオンボロ車のように見えてしまいます。洗車も一応しましたが査定してもらいに伺ったところ、ボディの一部の色が査定価格に影響があると言われました。カーショップに行ってボンネットの白色を戻すような方法を探したところ、ボディの艶を出すような商品を店員さんに教えてもらいました。早速それを気になる部分に塗った所、とても綺麗になりました。友人にはいくらかかったと言われた程です。

再度車買い取りの為の出張査定見積もりをやったところ、前回よりも査定額がアップしました。古めの車なのでどんな結果になるのか心配でしたが、希望よりも高く評価されました。無論色についても影響はなかったようです。白くなってしまっていたところも周りの色に馴染ませられたし、今まで以上に艶やかな感じにすることができたのが嬉しかったです。

車買い取りを利用する時は、ボディを磨いておくなどきれいに見えるようにしておきましょう。またボディが白くなっている時等は、ワックスで磨いておくだけでも査定額に変化が出る事も有ります。査定金額のアップと艶を出すためのグッズ代と手間を比較してみて、得な気がしたらやってみましょう。今回は1,000円くらいの出費で、査定額は数万円アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/06 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.